日本で高齢出産が増加している関係から先天性奇形児の出産率が増えてきています。特に多くなってきている先天性奇形の発生原因とその対策に関して今回は紹介していきます。正しい知識を身につけることで予防に役立てれば幸いです。

先天性奇形の種類

先天性奇形には種類があります。外見で出る症状の物二分脊椎症や口裂け病といった症状、ダウン症という遺伝子疾患系の病気があります。

代表的な発生率が高い病気以外にも、難病疾患に登録されている先天性横軸形成障害(上腕欠損、前腕欠損)や、心臓の血管系を生成による先天性疾患があります。

これらの病気の共通点は、正常な細胞分裂によって胎児の生育の要因が何らかの原因で、発生し、結果体に障害が残ってしまったためです。

先天性奇形の原因に関しても実は大きく2種類に分けることができます。その原因になる要因を取り除いていくことで、高齢でも元気な赤ちゃんを産む人がいます。しっかり正しい知識を持つことが大切です。

先天性奇形に胎児がなりやすくなるリスク

先天性奇形の赤ちゃんが生まれる確率が上がる要因とは何なのでしょうか?それには、4つの要因があります。

[bullet_box]

  • 精子・卵子の形成不良・異常染色体の発生
  • 体内環境
  • 母体の病気の罹患
  • 薬の服用

[/bullet_box]

先天性奇形になる要因で、この4つ実は防ぐことやなる確率を減らすことが可能です。
最初に精子・卵子の形成不良・異常な染色体の発生とは、精子と卵子の形成の仕方が大きなカギになります。実は、精子卵子は、通常の体の細胞をひとつだけ違う部分があります。それは、染色体、遺伝情報が半分ということです。これは、受精卵ができたことによって初めて通常の人間の染色体になるためです。

その為、元の遺伝情報を半分にする細胞分裂を行うことで、生殖機能となっています。ですから、この時の細胞分裂に異常があることで、先天性奇形が発生するのです。

体内環境は胎児が育つための環境で、食事の栄養分の過剰摂取や栄養分の不足がある場合に発生します。つまり、必要な栄養分が胎児に回らないために先天性奇形を引き起こします。

母親が特定の病気にかかったことで発生するケースがあります。特に妊娠初期の病気には注意が必要です。

また、病気の治療の為によって服用した薬剤によって発生する事もあります。サリドマイド等が有名ですが、現在でも妊婦使用禁忌の薬剤は多いのです。妊婦が薬剤を飲む場合は病院の処方が大切とされているのはこのためです。

先天性奇形が発生する要因と対策

先天性奇形が発生する確率が大きくあがる要因に、絶対見過ごせないのは、老化です。人間の老化によって様々な段階で、奇形の発生確率があがります。

精子や卵子の質の低下は避けて通れない問題です。男性女性とも、ピークのときに比べて染色体異常が発生しやすい傾向となっています。ダウン症の確率が大幅に上がるのもこうした要因です。

次に母体の体力や、血液を創る造血細胞の機能の低下によっても先天性奇形発生の大きな要因になります。先天性奇形は必要な栄養分が不足する事によって発生しますが、特に細胞の増殖に関わる葉酸が減少すると胎児の細胞分裂と母体の影響を運ぶ血液の質が大幅に悪くなるので、先天性奇形が発生しやすくなるのです。

また、ビタミンAは妊娠初期に摂取をすると催奇形の発生の原因になることが知られています。必要なビタミンとそうでないビタミンを知って賢く付き合うことが大切です。
老化による要因は葉酸を摂取することで、有意差が出ているので、妊娠を望む場合は積極的に摂取することが大切です。また、妊娠によって、女性の場合は一時的に免疫が下がりますが、葉酸を摂取することで免疫細胞を増やし、病気になるリスクも減らすことも可能です。

無論、重篤な麻疹や風疹と言った病気になると奇形を生じるワクチンを接種をし、葉酸を摂ることで、普通の風邪でも自己免疫で治りやすくなります。

また薬自体も飲まないため、必然的に薬による奇形の確率自体も減らすことが出来るのです。流産のリスクも考えると、先天性奇形の対策の為に摂取した葉酸で大きな効果を複合的に得ることができます。

先天性奇形は妊娠前と初期が注意

先天性奇形になりやすい時期とは、どの時期なのか?それは妊娠前と妊娠初期になります。妊娠前は遺伝子的な問題による奇形の発生に関わっています。

妊娠初期は胎児の臓器形成に関わるときで、この時に必要な葉酸が無いことで、二分脊椎症という重篤な疾患になることが知られています。また、この時期の風疹と言った病気も体の奇形を引き起こします。

臓器が作られるときの妊娠初期は、女性の体も妊娠になれていないため、免疫力が低下する時期でもあります。胎児に対して女性の自己免疫を攻撃させないためです。その為、この時期は睡眠とともに栄養をしっかり摂ることが先天性奇形の大きな対策になります。