妊娠の為に漢方薬を飲む人がいます。漢方薬は西洋医薬と異なり、体全体を整える効果によって妊娠がし易い体質にする効果があります。サプリや栄養分をとっても妊娠できないなと悩んでいる方には効果的な方法です。今回は、そんな妊娠と漢方薬の関係を紹介します。

そもそも妊娠のための漢方薬って何?

漢方薬とは、東洋医学に基づいて人間の体の気のバランスを整えることによって体調不良を改善します。

つまり、体のバランスを整えることによって体質を改善することが出来るので、体の不調をゆっくりと改善する効果が西洋医薬よりも高いのです。イメージするなら、西洋医薬は特定の疾患に対してダイレクトに効果があるのに対して、漢方薬は病気になりやすい原因を改善することで病気にアプローチします。

妊娠する為の漢方薬に、更年期障害や生理痛の効果があるものを使用する場合があるのも、こうしたアプローチの仕方によって違うためです。

漢方薬は、市販されている西洋医薬とアプローチが異なるため、最初の時の服用時は薬剤師や医師に相談することをおすすめします。長期間服用し、体の体質が整うまで時間がかかりますので、選ぶ際には慎重になることが大切です。

妊娠の為の漢方薬のアプローチってどういうの?

妊娠の為の漢方薬で大切なのは、体の不調の原因を間接的にアプローチすると言いました。
具体的には以下の体質の改善をさせることで、より妊娠がしやすくなるようにする漢方薬があるのです。

  • 冷え性の改善
  • ホルモンバランスの乱れを整える

実は妊娠の為に処方される漢方薬で多いのは、この2つがメインになります。妊娠がしにくいからだというのは血行が悪化していて、冷え性の方が多い傾向になります。また十分な栄養分を胎児に送ることも大切になってくるので、冷え性の改善は必須です。そのため、冷え性改善の漢方薬のブレンドを処方されるケースが多いです。

次に、女性ホルモンのバランスを整える漢方薬です。女性ホルモンのバランスを整えることによって、しっかりとした子宮内膜の成長を支える効果があります。また、ホルモンバランスが乱れるとストレスの原因になるのでこうした処方をします。

ホルモンバランスが整って、体本来の機能を取り戻すことによって、人間の体はスムーズな働きをするようになり、自然妊娠の確率が大きくなります。

処方される漢方薬の種類と効能

多くある漢方薬の中で、ホルモンバランスを整える効果がある物から紹介していきます。
一番代表的なのは婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)でこの漢方薬の効果は、ホルモンの分泌をスムーズにして、血流をバランス良くする効果を持っている漢方薬です。

処方される他の不調に対して、更年期障害によって引き起こされる、不調全般に効果があります。腰痛、貧血、めまい、お腹の張りといった症状です。更年期障害はホルモンバランスが乱れることによって発生します。妊娠がし易い体質になるのも、ホルモンバランスを整える必要があるので、効果が高いとされている漢方薬です。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)はホルモンバランスと冷え性の症状の内、冷え性の症状による体の不調に効果を発揮します。特に、生理痛や生理不順の症状が発生した時に処方されることが多い漢方薬です。婦人科系の、病院でも処方されることが多い漢方薬です。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)は普段から、生理前にいらいらといった症状がきつい場合におすすめしたい漢方薬です。生理前にイライラすることは急激なホルモンの変化によって体のバランスがあっていないことを指します。

そのため普段から体調のバランスを整えることによって、妊娠をよりし易い体質にすることができます。また、良質な睡眠を取ることができない人や冷え性にも効果がある漢方薬です。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は男性女性にも不妊に効果がある漢方薬です。人間が元気な精子や卵子を作るためには体の疲れが無いことが大切です。しかし、疲れがある場合は、元気な精子や卵子を作る機能が低下しています。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)は特に、精子や卵子を作る部位に正常な時のような元気な精子と卵子を作る効果を発揮するとともに体の疲れ自体を取る効果があります。

漢方薬の注意点

最初に漢方薬はあくまで、効果を発揮するまで時間がかかります。その為、最低でも一ヶ月は飲み続けることが大切です。

ネットでは漢方薬も多く販売しており、購入も容易ですが、その場合はネットの商品の説明とともに、別サイトで漢方薬の名称と効果を確認することが大切です。

また、妊娠をしたことによって服用をすることが駄目な漢方薬があるケースもあります。産婦人科で妊娠を言われた際には飲んでいる漢方薬名を言って飲みづつけていいか確認を取ることが大切です。

種類によっては問題なく飲めるものもありますし、処方を変えるケースもあります。妊娠中は薬は飲まないに越したことは無いので相談することが大切です。