妊娠をすると起こるのが女性の体の変化です。この症状を初期症状と言います。初期症状は受精したことによって、女性の体が赤ちゃんを育てるために起こる症状であり、この症状を知っておくことで、必要な栄養分や食べてはいけないものを避けると言ったケアが早くできます。その為、早めに知っておいて損は無いのです。今回は妊娠の初期症状を紹介します。

妊娠初期症状はどうして起こるの?

妊娠初期症状は、女性が受精卵が着床したことによって起こる、体の変化を言います。受精とは、女性の体の中で、今まで自分の体の組織のみ増やしていた状態を、半分別の遺伝子が入った受精卵を育てる作業です。

抗体や免疫、場合によっては血液型まで違う、胎児を育てるために、受精卵からの信号に対して起こる母体のレスポンス反応を言います。

受精卵が、着床したよと合図を送ることで、女性の体がよし、赤ちゃんを育てよう、そのためには体のこうした部分を変えていかないとと動き出す合図というイメージです。しかし、実際は今までにない体の不快感を伴うものも多く、注意が必要になります。

妊娠初期症状の種類が多いのはどうして?

インターネットで調べると厄介なのは、妊娠初期症状の種類が多いことです。どれが自分の症状に該当するか検討したいのにどうしてあるのと悩む方もいます。

その理由はホルモンバランスが崩れたことによって現れる、人間の不調の種類が多いからです。ホルモンは一つの成分に対して、複数の体の機能を維持する微量ながら強い影響を持っている体内物質です。

その為、ホルモンバランスが崩れることによって、不調の表れやすさは個人差によります。例えば女性で、骨盤が小さい人の場合は大きい骨盤の女性よりも、子宮の膨張に対応できないため、腰痛や腹痛の妊娠初期症状が出やすいのです。

更年期障害が人に個体差があるように、妊娠初期症状も個体差があります。ですから、多くの症例を知っておいて、もしかしてと気づけるようにしておくとが大切になります。

具体的な妊娠初期症状

ここでは妊娠初期症状で実際にある症状を書いていきます。受精卵が子宮内で着床をしたことによって起こる症状です。

  • お腹の張り・痛み
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 眠気

これらの症状、自分が生理になったときや、生理前の症状で出ているという方も多いのでは無いのでしょうか?これらの妊娠初期症状の特徴は、普段の生理の時に来る不調と類似していることが多い症状です。

お腹の張り・痛みは・着床をしたことによって一時的に子宮が膨張するからです。吐き気は、膨張によって大きくなった胃を圧迫するために起こります。頭痛の場合は、定期的におこっていたホルモンバランスが崩れてしまったためです。腰痛も子宮の膨張が大きな原因になっています。

眠気の場合は、ホルモンの分泌のバランスが乱れて高温期が続くようになると、眠くなってしまいます。

確実妊娠した可能性が高い症状は以下の症状です。

  • 基礎体温で2週間以上高温期
  • 食べ物の好みが変わった
  • 生理が来ない

上記の症状の他にこれら3つの症状がある場合は、妊娠の確率がかなり高い症状です。食べ物の好みが変わるというのは、体自体が妊娠の為に必要な栄養分を取ることを優先に体が変化している状態になります。不足している栄養分が入っている食べ物を生理的に欲するようになっているからです。

基礎体温で2週間以上高温期や生理が来ない場合は、子宮の環境を赤ちゃんを育てるモードに変わっていると考えていいのです。

妊娠初期症状の対策

妊娠初期症状が酷いという人も実はいらっしゃいます。これらの症状が不快なせいでこの時期を楽しく乗り切れないのはとても辛いことです。

そこで、妊娠初期症状の対策を紹介します。最初に行うことは、体の血行を良くすることが大切になります。

実は、妊娠初期症状はホルモンバランスが乱れで発生しますが、十分な酸素を栄養を運ぶための血管の状態維持に女性ホルモンが関係しています。妊娠初期症状はこのホルモンのバランスが崩れてしまうがために、女性の本来の体の機能が維持できない症状になってより悪化することが知られています。

血行を良くすると、血管の緊張を減らすことにもなるので、体の末端に栄養が届きやすくなります。すると、筋肉の緊張の症状も緩和しやすくなるのです。

妊娠初期症状の大きな悪化要因はストレスです。特に睡眠不足や、体の怠さがでた場合は無理せず休むことが肝心です。妊娠初期症状の場合は、胎児を育てるための女性の体を変えるためにエネルギーがいるため、眠気が発生しています。ここで無理をするとストレスになってしまい症状が悪化してしまうので注意が必要です。

妊娠初期症状は的確に対策をすることで、症状が緩和し、快適に過ごすことができます。また妊娠と気づかないがために他の病気では無いかとストレスで悪化するケースもあります。早めに検診に行くことも大切なことなのです。