妊娠をする場合は基本的に葉酸の摂取が欧米で推奨されており、妊娠初期や、妊娠している間の摂取が大切というふうに知っている人がほとんどなのでは無いのでしょうか?実、乳酸には、出産後の必要なメリットが豊富にあります。出産後の葉酸の摂取のメリットと一緒に摂ったほうが良いビタミンとともに紹介します。

葉酸の摂取の間違った偏見

葉酸の摂取でよくありがちなのは摂取しすぎると体に良くないとか、摂取をしたことによってこうしたメリット得ることが出来るといった情報を一部分しか書いていないことです。

葉酸は基本的に必要な栄養分ではあるものの、必要と無いと思っている時期を間違って止めてしまうと、その後のメリットを知った後取り戻すのが大変になります。

葉酸摂取をすることで、母体から栄養分を直接与えるのは、妊娠中だけという印象を持ってしまうことが大きな要因です。加えて、葉酸不足によって、出来る症状の疾患がかなり重篤な障害のため、この時期さえ乗り切れば飲まなくても良いやと思ってしまう人がほとんどなのです。

葉酸は、出産後母体にも、子供にも必要な栄養分で、胎児の後でも大切な栄養素になります。その為出産後も摂取が大切なのです。

葉酸の出産後のメリット~母体編~

出産後の女性が摂取すべき栄養分こそ正に、葉酸です。この葉酸が必要な理由は、女性は出産によって多くの血液を不足してしまいます。

この血液不足を解消するために体の造血細胞が多くの血球を作る必要があるからです。しかも、血液が無くなる原因は出産の瞬間だけではなくて、後産やその後女性の子宮がもとに戻るまで、オムツをするほどの出血をします。

葉酸は体の細胞分裂を盛んにする働きを持っています。造血細胞は骨の中にあり、細胞分裂を活性化させることによって、血球の卵を創っています。もし、葉酸を飲むことを止めてしまうと、この量が急激に減ってしまいます。

つまり作るために必要な血球数は増えるのに、葉酸が減ってしまうので体の機能が追いつかない事態になってしまうのです。つまり、母体の健康を考えると出産後も葉酸を摂取していたほうが、明らかに血液の量や濃さに大きなメリットがあります。

母体の早い回復を考えるなら栄養分や酸素を運んでくれる、また風邪になりにくくする免疫細胞全般増やすことが大切です。その為、葉酸は出産後も摂取が大切なのです。

葉酸の出産後のメリット~子供編~

出産後子供は母親の母乳を飲んで育ちます。この時、母乳が作られないような事態になったら、赤ちゃんは十分な栄養分と免疫を得ることができません。

赤ちゃんは自分では食事を摂ることもできないため、母乳を飲む必要があります。また、母乳が多く作られるようになるには、葉酸が必要なのです。

葉酸は先程紹介したとおり血液を増やす効果があります。血液が増えるということは、体の
乳腺の機能を良くして、母乳の作る分量を増やす効果があります。母乳は血液によって運ばれた栄養分と、ホルモンによって作られますが、血液が不足の場合は栄養分の伝達とホルモンも行き渡らないため、十分量の母乳が作られないことが知られています。

更に、赤ちゃんの母乳には、母親が食べた栄養分が大きな関係を持っています。摂取した栄養分によって、ビタミンやミネラルも摂取しています。その為、葉酸を摂取することは細胞分裂を盛んにさせるので、より、子供の成長が早くなるのです。

この時摂取すべきビタミンはDHAで、脳の成長も早める効果があります。健やかな子供の成長には葉酸は出産後も不可欠なのです。その為、母乳を飲まなくなる時期まで続けるのが望ましいとされています。

葉酸の摂取する分量

葉酸の摂取する分量は出産前と変わらず一日1000μgが限度量で、目安量が400μgになります。このため摂取の際には、過剰に摂取する必要はありません。

過剰に摂取すると問題が発生してしまいます。それは、貧血が悪化する危険もあるので、一日の目安量を守ることが大切になります。
葉酸の摂取は食後に摂取するのが望ましいですが、授乳等の大変な事もあるので、目安として考えるようにするのが基本です。前日飲み忘れたと言って、二倍量等飲むのは危険です。なぜなら、人間の体で代謝できる栄養分のキャパは決まっているのでそれ以上摂取するのは望ましくないためです。

葉酸の他には血液の生成を助けるビタミンで有名なB12や鉄分もセットで摂取すると貧血がよくなる性質があります。またこれらのビタミンは胃酸の分泌によって吸収があがるため、酸っぱい酸味のある物と摂取するか、ビタミンCもセットするとより吸収効率が上がります。

葉酸の摂取は非常に大きなメリットがありますが、過剰摂取をしてしまうと、体の造血系や細胞分裂が盛んな部位の機能を痛めてしまうことになります。そのため、適量を摂取することを忘れず出産後も飲み続けていくことが大切です。