妊娠初期は葉酸の摂取をすることで、先天性の胎児の奇形や異常、胎児の生育に大きな関係を持っています。欧米では研究結果によって葉酸不足が原因とされている先天性の異常の数が葉酸のサプリで摂取することによる追跡調査で有意差が出ており、日本よりも奇形の数が少ないのです。加えて、妊婦にとっても大きなメリットがあります。今回は妊娠初期の葉酸摂取のメリットを紹介します。

妊娠初期には女性の体で何が起こっているの?

はじめに、妊娠をする事によって女性の体がどう変化しているのかをわかりやすく解説していきます。

妊娠をすることによって体が変化に対して、葉酸がどのようなアプローチで健康に栄養を与えるか知っておきべきだからです。妊娠初期には、妊娠前と大きな違いがあります。

最初に、血管が新しくできます。これは胎児と妊婦を結ぶための血管が作られるようになって、初めて栄養分を行き渡らせる必要があります。また同様に、女性の本来の量の血液では、胎児に十分な血液を送ることができないため、血液の量も増えます。

そして、その血液から胎児は栄養分を得ますが、この血液のなかに葉酸が入っていることで非常に高い健康効果を得ることが出来るのです。

妊婦・胎児の初期は特に葉酸不足になると様々なデメリットが発生します。ですが、摂取によってこのようなリスクを避けることが可能です。

妊娠初期の妊婦にとっての葉酸のメリット

妊娠初期の妊婦の体は、様々な物を作り出す必要があります。受精卵が着床すると、着床した事によって、ホルモンバランスが変わり、胎児が育ちやすい環境になるようせっせと色んな体の部位を作る必要があります。

へその緒や栄養分を渡す血液と言った物が急激に必要になります。その為、行われるのは細胞分裂です。人間の体は、どの部位に細胞を分裂させて、特定の器官を生成するようにプログラミングされています。そのため、人間の体の中で妊娠初期が何かと体は細胞分裂が盛んになります。
細胞分裂のためには、DNAの生成が不可欠です。この部分を助ける働きを持っているのが葉酸です。葉酸は細胞の生成を活性化させる効果があります。

加えて葉酸が機能するのは、細胞分裂が盛んな部位です。人間の女性の体で受精卵以外を除くと、増殖が激しいのは骨髄の細胞になります。また、新規に創る器官の部位に割り当てられます。

骨髄は血球を創る部位なので、葉酸が多くあることで、人間の女性の血液の質が良くなるまた量が増えます。血球が多い血液であればあるほど、一度の呼吸で多くの酸素を行き渡らせることが出来るので、大変合理的なのです。

ですが葉酸が不足していると、この血液を創る機能は機能せず初期の貧血の原因になります。また葉酸には血流を良くする効果もあるので、冷え性の解消にも役立ちます。妊婦は冷え性になりやすく、冷え性も放置すると流産の原因にもなります。

その為葉酸摂取は非常に、妊娠初期の女性の体を守る役割があります。

妊娠初期の胎児にとっての葉酸のメリット

妊娠初期の胎児にとって大切なのは、細胞分裂です。その細胞分裂も、正しくDNAをコピーして必要な器官を創っていくことが何よりも大切になります。妊娠初期では、一番主な臓器部位が作られていく時期でもあるので、正しい遺伝情報を細胞分裂をしていくことが大切なのです。

一つの臓器の形成する細胞の遺伝子に大きなエラーがあって誤ってそれが増殖し続けると、妊娠前の奇形や疾患の原因になります。それを防ぐには葉酸のDNAのコピーを正常に行うことを助ける葉酸が大切なのです。

加えて葉酸が多いと細胞分裂が盛んになるので、胎児の生育も良くなります。また、血行が良くなる効果によって胎児に豊富な栄養分が行き渡るようになります。必要な栄養分が多く行き渡ることで、健康な胎児が成長する大きな要因です。

神経管閉鎖障害という人間の脳が小さかったり、脊髄が骨の中に収まっていない病気を減らす効果があります。

妊娠初期の胎児の栄養分の補給をより良くする効果も持っているので、葉酸の摂取には大きなメリットがあります。

妊娠初期の葉酸の摂取の注意点

葉酸も良いとされていますが、それは適量を守ってからの前提話で、葉酸は多すぎても少なすぎてもいけません、多すぎることによってビタミンの本来の機能が生かせないケースもあります。

妊娠初期の過剰摂取は胎児のアトピーや喘息の原因になりうる研究も出ているので、適量を守ることが大切です。

またサプリで限度量を摂取する方もいますがこれは危険な考えで、食事による葉酸の摂取の可能性があることを無視しているので過剰摂取になりやすくなります。

その為サプリの分は400μgを補う形で計算をして、毎日摂取していくことが葉酸摂取における大切なポイントになります。

度が過ぎると胎児の健康を損ねる可能性がある葉酸賢く付き合っていくことが大切なポイントです。