葉酸は妊婦が摂取するものと考えがちですが、実は妊娠を考えている男女にとっても重要な栄養分です。妊娠以前に摂取する性別ごとのメリットと、その理由を中心にわかりやすく紹介していきます。加えて、妊娠前に葉酸を摂取する注意点とともに知識を踏まえた上で葉酸を摂取する事が大切なのです。

妊娠前から葉酸を摂取するメリット

男女とも、葉酸を妊娠前から摂取するメリットとは何なのでしょうか?それは、葉酸という栄養分の特徴が大きく関係しています。
実は葉酸という栄養分には特徴があり、葉酸は人間の細胞分裂に大きく関係しています。

葉酸があることによって、新しい細胞が増えて、体の機能や新陳代謝が非常に良くなるのです。その為、妊娠を考えているカップルにとっては男性女性とも摂取すべき栄養分となっています。

葉酸は、女性で妊娠中心の体になって初めて摂取するべきではなくて、それ以前に摂取しておくことでも大きな健康効果があり、ひいては胎児の生育にも大きな影響を与える栄養分です。

具体的な詳細に関しては性別ごとに解説していきます。

妊娠前に女性が葉酸の摂取メリット

妊娠前に女性が葉酸を摂取するメリットは、妊娠がし易い環境に体の体質が変わること、加えて妊娠した場合の、体の不調の予防にも繋がります。

妊娠しやすい体質にする効果は、人間の女性の子宮内膜の発達を良くする効果です。実は、人間の体の子宮内膜は、多くの毛細血管がホルモンの周期によって厚くなっていき、受精が行われなかった場合はそのまま月経として排出されます。

そのまま排出される子宮内膜の質を良くする意味は、子宮内膜にある毛細血管の発達を
良くして、より厚く、豊富な血液が流れるものにするためです。
子宮内膜にある毛細血管系は、ホルモンによって作られていますが、必要な栄養分がないと細胞分裂が進まないため、血管が細くなってしまいます。

人間の受精卵の受精し、赤ちゃんになっていくには着床する確率が高いのは、この子宮内膜が発達していることが重要なのです。しかし、最近の女性はストレスや高齢出産によって、20代の頃の元気な子宮のピークからずれていることが多いため、葉酸を摂取することで若々しい子宮の状態を維持することができます。

その為、妊娠しやすい環境を創るためにも元々葉酸を摂取することで妊娠に確率をあげることができます。

次に人間の女性は妊娠すると、赤ちゃんに栄養分を渡すため、血液を多く作る必要があります。しかし、人間の女性の葉酸の量が少ないと、造血細胞の増加がスムーズに行かないため、貧血になりやすくなります。

急激な血液の増加に需要に対して対応しやすい体にするためにも、葉酸は女性にとってひつよう不可欠な栄養分であり、妊娠前も摂取が推奨されているのです。

妊娠を望む男性が葉酸を摂取するメリット

妊娠を望む男性も同様、女性とともに葉酸を摂取するメリットがあります。人間の受精にはご存知の通り、精子と卵子が必要です。しかし、育てるのは女性だから葉酸は関係ないと思っている人が現場では大半です。

ですが知っておいて欲しいのは、葉酸は受精に必要な精子の質に大きな関係を持っています。精子は、男女の体の部位の中でもかなりの細胞分裂が激しい部位です。射精によって、放出される精液の精子一つ一つが、自己の細胞の遺伝子の半分をもった複製であり、加えて、常に新鮮な状態の精子を創り続けているのでその数は膨大と言うことがわかります。

この精子を作る能力は20代をピークに減少しても60代でも、女性と異なり、生殖機能を持っています。しかし、20代と比べて何が違うのか?それは、精子の遺伝子の異常の数は大幅に年齢を経ることによって増加します。

生まれてすぐ病気がある赤ちゃんは先天的に大きな遺伝子疾患を持っているケースが多いのが現状であり、それは卵子が原因のケースもありますが、男性の精子が原因というケースもあります。

こうした、精子の異常の数を食い止める働きがあるのが葉酸です。正しい細胞分裂を促進することで、異常やエラーを無くす効果があります。

妊娠前に葉酸を摂取する注意点

妊娠を念頭に葉酸を摂取し続けるには注意が必要になります。それは、同じサプリを妊娠後も女性が飲む場合です。

女性がサプリで葉酸を摂取を妊娠前と妊娠後も摂取をする際に、ビタミンAが入っている商品を飲む場合は飲むのをやめるようにすべきです。
ビタミンAは催奇形の危険性が高く、妊娠の二ヶ月までは過剰量の摂取をすると先天性の奇形の原因になります。

その為、同じサプリで摂取する場合は、最初からビタミンAが入っていない商品を最初から選ぶことが大切なのです。

葉酸は妊娠前から飲むべきですが、もったいないと飲み続けてしまう商品なので、妊娠前提に飲む場合は、商品を見極めて、使用することが大切になります。過剰量を避けるためにも目安量を守ることも大切な注意点になります。