葉酸は実は天然葉酸と合成葉酸があります。ですが、その名前の違いによって健康への影響があるという事実を知っている人はあまりいません。今回はそんな、合成葉酸という物質に関する明確な定義と、何故合成葉酸を避ける必要があるのかに関してわかりやすく解説していきます。

合成葉酸とは?

合成葉酸とは、材料が石油系や葉酸の材料を使用して人工的に合成して作られた葉酸を指します。合成葉酸のメリットは、価格が安く葉酸の栄養分を販売できるという点です。

石油系の材料から葉酸を合成するのと植物や動物から採取された場合ですと、壊れないように材料を採取するほうが安くなります。その為、葉酸と書かれている場合は、単に植物天然由来の葉酸か、合成葉酸か区別がつかないのです。

間違えやすい合成葉酸の定義とは?

良く勘違いされるのは、天然モノを体に吸収しやすい形にした場合の葉酸は、合成葉酸ではありません。

実は販売されている葉酸のサプリは基本的に、人工的な加工をしている商品がほとんどです。その理由は、葉酸でも実は体内の吸収がし易い物に加工して、効率良く体内に葉酸の吸収を助ける目的の為に加工しています。

天然に含まれている葉酸はポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれており、複数の葉酸の分子がくっついている形態になります。人間の体の中に吸収された葉酸は、実は複数の葉酸の分子の結合をなくした後に吸収されます。

ですが、この結合を切る際に分子内部の結合が切れてしまうのです。その結果、食事によって摂取した葉酸のうち実際に吸収される葉酸の量は大幅に減少してしまう事が起こります。

サプリメントの場合はこうしたロスが無いように、最初からこの結合を切ってあげることで体内の吸収をより良くしているというメリットがあります。この葉酸のモノグルタミン酸型葉酸と呼ばれています。

天然葉酸のポリ型をモノ型にするのは、同じ分子どうしがつながっている結合を斬っている状態になるので、合成とは大きく異なります。

合成葉酸とは、葉酸自体の分子を一から創っている状態を指すので、大きな違いがあります。
吸収しやすいだけの加工の場合は合成品とは言えないので注意が必要になります。合成葉酸は人工的加工が入っているものと勘違いしている人は、本当に健康に良いサプリか選ぶことができないので、表記と定義をしっかり確認して商品を選ぶことが大切なのです。

合成葉酸を避けるべき理由

最近はこの合成葉酸の商品を避けるべきという事が大きな注目です。どうして避けるべき必要があるのでしょうか?それは、合成葉酸を摂取することによって、人体への問題が学会とうで議論されるようになっています。

具体的には、合成葉酸を摂取したことによって、胎児のアトピー性皮膚炎が増加すると言った問題や、体内への代謝への影響が大きな問題とされているのです。

まだこれは、学会での議論の問題で避けるべきと推奨はされていません。合成葉酸がどういった健康上の問題があるのかというと、同じ脂肪酸なのに、体にダメージを与えるトランス型脂肪酸と同じような健康問題への危惧があるという可能性があります。

見た目では、同じ分子でも体内の代謝に何らかの影響が出ている可能性があります。しかも、サプリで摂取する場合は、通常の天然モノよりも吸収率が必要によいので、合成葉酸を避けたほうが良いのが懸命です。

合成葉酸はこうした理由で避けることが良いとされている通説があるのはこのためです。
具体的なメカニズムは判明してはいないものの、胎児への影響がある栄養分なので、避けたほうが良いのはこうした理由なのです。

合成葉酸の入っている商品の見分け方

合成葉酸が入っている商品を見分けるポイントを紹介します。最初に、葉酸が入っている商品で、植物や野菜といった物から抽出している場合は、基本健康を意識してもとの野菜の紹介やイラストが商品に書いてあることが多いです。健康を意識する商品なので、むしろ書くことでいいイメージを与えつつ購買意欲を得ることが出来るため、描かないメリットが無いのです。

単に、文字で葉酸と書かれている場合の商品は葉酸という成分さえ入っていれば表記が出来るので、合成葉酸が入っている可能性が大いに高くなります。

合成葉酸が多く入っている商品は基本的に合成葉酸と書いている商品は少なく、単に葉酸としか書いていません。合成という文字がマイナスイメージと思っているため、表記が義務化されていない以上明記しない商品がほとんどです。

合成葉酸の場合は基本的に、合成した商品を入れている理由等も書いていませんので、この部分で見分けることができます。天然葉酸の場合は、どの植物から、どういった方法で葉酸を抽出しているか書かれているので、こうした情報をもとに商品を探すことも大きなポイントになります。

合成葉酸のメリットはサプリの担架を安いと言ったメリットだけなので、本当に健康を意識して商品を探す場合には合成葉酸でない商品を選ぶことが大切なポイントなのです。