葉酸サプリは女性にメリットがある栄養分と思われがちな栄養分です。胎児の発育や女性の貧血対策といった部分が注目されている影響からか、男性にとって馴染みが薄いとされている栄養分と思われがちです。ですが、男性が葉酸サプリ摂取することで健康のメリットや生殖機能に大きな影響を与えることも研究で解っています。今回は、男性が葉酸を摂取するメリットを紹介します。

葉酸の基本的な健康効果

葉酸の健康効果で有名なのは、体の中の造血細胞を作ると言った効果です。人間の体には多くの細胞がいますが、その細胞が日によって分裂や老化した細胞と入れ替わることによって、人間の体の恒常性を維持しています。その中で特に大きな影響があるのは、盛んに細胞分裂が必要な細胞になります。これらの細胞の分裂をスムーズに行ったり、エラーやミスの確率を減少させて正常な細胞を作る大切なビタミンが葉酸なのです。

つまり、女性が優先的に摂取した方がいいとされていますが、男性も血液の質を良くしたり、細胞分裂を盛んにさせるのでアンチエイジング効果を持っています。

葉酸サプリで男性の精子の質を良くする

男性の生殖器である精巣の中の精子の質を葉酸は良くすることが、研究論文で発表されており、現に欧米では葉酸の摂取が男性にも大きなメリットがあると紹介されました。

具体的には、男性の不妊治療にとても効果があるビタミンと言われています。不妊と言うと女性がというイメージが有りがちですが、男性の精子の質が悪いと、受精まで至らないと言った問題が起こるようになります。葉酸は、細胞の中でも細胞分裂が非常に盛んな細胞に作用します。

男性の精子は常に作られている状態で、人体の中でもトップクラスに細胞分裂が盛んな場所です。この場所に作用することで、元気な精子を作る効果があります。正常な精子を作ると言った事もあるため、細胞分裂によるミスが減少し元気な精子になるのです。

特に男性も年齢が高くなると異常な遺伝子を持った精子が生まれるリスクが非常に高くなります。

胎児の遺伝子異常は、卵子や精子の時のコピーミスが大きな影響力を持っているため、男性の不妊対策や先天性の遺伝子異常を無くすにはたいへん大きなポイントです。

男性の不妊治療にも効果があり、加えて生まれてくる子供の健康を考える上でも積極的に摂取すべき栄養分と言えます。

葉酸サプリと抜け毛

男性の悩みでとても多いのが抜け毛です。男性の抜け毛の原因になっているのが、男性ホルモンの分解物による作用で毛母細胞の機能停止があげられますが、一番は頭皮環境の悪化が大きな原因になっています。

頭皮環境悪化の原因で大きな影響力を持っているのが血液の質です。血液、血行が悪くなることで、頭皮や毛根に十分な栄養分が行き渡りにくいと言った問題が起こるようになります。

ここで葉酸は何に作用するのかといいますと、血液の成分の中で酸素を運ぶ赤血球の細胞分裂を活性化させます。その為、血液中に含まれる赤血球の分量が増えるようになります。すると、毛根含めて酸素がより多く行き渡るようになります。酸素だけでなくて栄養分も運ぶ作用もあるので、より健やかな毛が育ちやすくなるのです。

また、葉酸には頭皮の細胞の細胞分裂も良くする作用を持っています。頭皮環境の悪化の原因に多いのは、本来の皮膚の新陳代謝がよく機能していないことがあげられます。人間の頭皮の新陳代謝は20代を経て下降気味になりますが、その落ちた機能を穴埋めしてくれるのが葉酸なのです。

葉酸を摂取することで、栄養分があることで、細胞分裂を盛んにさせることが出来るので、頭皮をより良い状態にすることができます。その結果抜け毛の対策に非常に効果がある栄養分なのが葉酸です。

ビタミンEやマグネシウムは頭皮の血管の径をひろくする効果がありますが、葉酸の場合は血球自体を多くしたり頭皮の細胞にアプローチなので、相乗効果でも抜け毛に効果がある栄養分です。

毎日必要量を摂取するにはサプリで補うことで抜け毛のリスクを限りなく減らすことができます。

葉酸は鬱の対策にもなる

男性にも非常に助かる効果として、葉酸には鬱に対する効果もあります。葉酸は最近の血液検査の研究の結果、うつになりやすい人は普通の人よりも葉酸の量が少ないと言った結果が出ています。

ビタミンB6と同様、脳の信号の伝達や脳内物質の量の調整に大きな役割を持っていることが判明したのです。

仕事のストレスや不規則な仕事、生活リズムを持たざる仕事をしている関係から、男性でも鬱の症状が出ることが多くなっています。仕事の関係上、精神的なストレス以外にも睡眠時間がずれている仕事をしている場合は統計学上鬱になりやすいとされています。

予防の意味でも、普段から葉酸サプリを摂取することで、鬱になりにくい心の健康の状態を維持することに大きな役割を持っています。葉酸が入っている策剤を意識して摂取するだけで、体の組織以外のケアも出来る数少ない栄養素なのです。