健康にとても良いとされている葉酸という栄養分ですが、どのような由来特徴があるのでしょうか?栄養分の特徴や性質を知ることで、より健康効果をUPさせることが可能です。今回はそんな葉酸に関する、基本知識を紹介します。

葉酸の由来と特徴

葉酸とは、ビタミンB群の一種で生命の体の維持に不可欠な栄養素の一つです。現在は、構造の関係上ビタミンB群の仲間として分類されています。発見された当時は、名前の由来どおり植物の葉の中に多く含まれていたため、名前としてつけられました。

ラテン語名で「フォリウム」と命名されており、見つかったのもほうれん草からという由来を持っています。日本語の葉酸は、このフォリウムの翻訳でつけられた名前です。
植物の緑黄色野菜中心に多く含まれているため、近年の日本人の食習慣の変化により、摂取量の減少が危惧され、現在摂取の推奨が勧められている栄養分となっています。

葉酸が多く入っている食べ物とは?

葉酸は名前の通り、葉の植物に多く含まれている栄養分です。その為、ほうれん草を含む緑黄色野菜に多く含まれています。

その為、多く含まれている食材をほうれん草やケール、小松菜と言った青野菜に多く含まれていると勘違いしてしまう人も多いのです。葉酸が入っている食材は他に納豆、いちごと言ったものにも多く入っているので、食材をうまく組み合わせて摂取することが大切です。

野菜類のみで摂取をする場合は、とても大変であまりおすすめすることができません。これらの野菜をただ毎日摂取するには多くの量が必要になり、毎日続けるのは苦手という人も多くいます。

もし、一日分の目安をほうれん草で摂取をする場合だと、2束食事で摂取しないと十分な寮とは言えません。毎日二束のほうれん草を食べるとしたら、かなりの苦痛になります。

摂取をする場合は工夫も必要な栄養分になります。また水溶性なので、加熱よりもなるべく生で摂取したほうがいい食材です。その為、加熱しないでなおかつ豊富な葉酸を摂取できるような工夫も大切です。

そこで、おすすめしたいのが青汁やジュースにして摂取する方法がおすすめです。葉酸の特徴に水溶性である性質があります。水溶性であることは、水に溶けやすいので、ジュースにすると、葉酸が水に溶け込んでいるため飲むことで手軽に葉酸を摂取することが可能だからです。しかも、かさばる量もジュースにすることで、多くの野菜を手軽に摂取することができ、加えて、葉酸の吸収を助ける栄養分も同時に摂取することが可能になります。

また、葉酸の特徴に加熱すると栄養分が壊れ吸収がしにくいといった特徴があります。その為、葉酸の摂取の場合はなるべく加熱をしないで摂取することも大切なことです。

葉酸は何故摂取が推奨されているのか?

葉酸は細胞分裂に使用されて、正常な組織を作るために不可欠な栄養素です。葉酸が特に必要とされているのは、造血細胞や成長ホルモンが分泌される胎児から幼児期です。

造血細胞は、人間の体内の血液中にある赤血球・白血球・血小板といった因子です。これらの因子は、一定の期間のスパンによって、細胞の入れ替わりが起こっています。その為、常に新しい細胞が必要とされています。その為、葉酸を多く摂取することで、血液中の血球の数を殖やすことが出来るのです。

その為、葉酸の不足によって発生する病気の一種として、血液不全といった症状が大人でも発生します。女性の場合は、月経の影響から赤血球含む血液が不足しがちです。葉酸が不足すると人間の体内で生成する血液の血球数が少なくなるので、貧血や風邪を引きやすいという症状が発生します。

貧血というと、皆さん鉄分を想像しますが、鉄分はあくまで赤血球の材料であって、生成の細胞分裂には関わっていないので、貧血気味と言う方は積極的に摂取したい栄養分です。

また、胎児の場合はあらゆる体内の組織を作っていく必要があります。そのためには多量の葉酸が必要になります。その為、妊婦はより多くの葉酸を必要としているのです。妊娠をしたことによって胎児の躰を作りつつ、なおかつ十分な酸素を渡すためより多くの血液も必要となります。

免疫力もつけて風邪等の予防にも気を配っていく必要があります。妊娠をすると体調が崩しやすくなる要因に、妊娠前の状態の血液の血球数と免疫細胞数のままで、胎児が必要な量まで追いつかないとことで、体調を崩す人が多いのはこうした要因です。

葉酸の摂取が特に妊婦でも推奨されているのはこのような理由があります。現在普段の生活で摂取が不足しているにも関わらず、妊娠をすると更に葉酸不足が発生し、症状が悪化するからです。

また、普段から女性は月経もあるため、男性よりも摂取量が多く推奨されています。一日400μgが推奨されており、1000μg以上にならないように摂取量を管理する必要があります。

健康にいいと言われている葉酸でも多くの摂取は体の体調を崩す原因になるため注意が必要です。