妊娠中は母体が摂取した飲み物の影響がダイレクトに届きます。その為、飲み物を飲む場合は注意が必要で、普段よりも気をつけていく必要があるのです。多くの飲み物がある中で注意しなければいけない理由とそのポイント、飲むのにおすすめしたい飲み物を紹介します。

妊娠している間は飲み物に気を配る必要が大切

妊娠しているときは飲み物に入っている成分が母体の健康に大きなダメージになることも大きいのです。その理由は、妊娠している胎児に悪い栄養分が行かないように胎盤がカットできない飲み物があるからです。

また、胎児の段階では健康に大きな影響を与える成分もあります。また摂取する量によっては毒になる危険性のある成分が入った飲み物もあります。飲み物に入っている成分や栄養分の種類によっては、胎児の発育に大きな危険や影響を及ぼすので注意が必要なのです。

その為、今回は妊娠によって注意する成分を中心にその飲み物の種類も紹介していきます。

妊娠中の注意すべき飲み物―お酒とお茶ー

お酒とお茶は妊娠中に飲む場合は適量を守る必要がある飲み物です。何故、この2つは注意すべきポイントなのか?

それは飲む量によっては有害な毒でもあり、適量であれば健康維持に役立つ飲み物だからです。お酒とお茶の有害成分はそれぞれ、アルコールとカフェインになります。

アルコールの有害性は、妊娠初期の場合は、奇形の発生の原因になることがあります。妊娠中期以降は胎児性アルコール症候群のリスクがあります。胎児性アルコール症候群とは、身体的な発育だけではなくて、精神的なイライラの症状ストレス耐性が無い子供になるリスクもあります。

また、胎児自体がアルコール中毒になるケースもありうるのです。その為、飲む分量を考える必要があります。

ですが適量を守れば、ストレスの解消につながる飲み物です。ビール1.5Lの酒量を超えないことが目安になります。妊娠中のストレスをお酒で発散するのは大きなリスクを伴うので注意が必要です。

カフェインの場合は摂取をしすぎると血管の収縮の作用が大きくなってしまいます。その結果血流の悪化が大きなダメージを与えることになります。特に、血管の径が狭くなることで、高血圧や貧血を引き起こす大きな原因になります。

ですが、お茶にはカテキンやビタミンCを摂取できる数少ない飲み物です。また香りによる癒やしの効果もあります。その為、適量を摂取することは非常に大きなメリットがあります。睡眠不足にならないようにする適量を護ること、玉露や抹茶をなるべく摂取しないという工夫が大切になります。

絶対に飲んではいけない飲み物

飲んではいけない飲み物も実はあります。それは女性ホルモン系のバランスを崩す飲み物です。その代表格が健康意識の高い女性が飲んでいることが多いハーブティーになります。

ハーブティーで女性ホルモンを整える成分が入っている商品は基本NGなのです。実はハーブには香りによってダイレクトに中枢系に響くものもあります。また、成分で女性ホルモンに近い作用を持っている成分もあり、それを服用することによって妊娠の状態を維持できない危険性があります。

また、豆乳も健康に良いとされていますが妊娠中は注意です。イソフラボンも女性ホルモンに類似した作用を持っています。妊娠していないときは女性ホルモンの効果を助けますが、妊娠しているときは妊娠の状態の阻害に働くので、サプリの摂取を止めたほうが良いとされています。

その為、意図的に豆乳を飲むのはあまり良くないのです。妊娠中はハーブティーと豆乳は避けることを推奨すべきなのです。

妊娠中飲むべき飲み物

では逆に妊娠中に飲めるものは何なのでしょうか?おすすめしたいのは野菜ジュースです。野菜ジュースにはビタミンCや葉酸といった妊娠中に無くしやすい栄養分が豊富に含まれています。

加えてこれらの栄養素は、毎日摂取していく必要があり、毎日目安量を摂取するのも難しいとされている栄養分です。サプリで摂取するのも良いのですが、一番は実際の野菜等で摂取するのが望ましいのです。

多くの栄養分がバランス良く含まれており、相乗効果が見込めるからです。また、美味しい野菜ジュースを飲むことは妊娠中のつわりや体の怠いときでも栄養を摂取できる数少ない手段でもあるので普段から習慣にしておくと非常に大きなメリットがあるのです。

妊娠中に飲んで欲しい飲み物として有名なのが、たんぽぽ茶です。たんぽぽ茶はミネラルが豊富で出産後の母乳の質を良くすることが知られています。その為、習慣で飲むことは妊娠中の体質の改善にもなるのでおすすめです。

同様の理由で、ルイボスティーもおすすめでミネラルが多いのにカフェインも入っていないので、安心して飲むことができます。お茶でカフェインが入っていないものは摂取しにくいミネラルが豊富に入っていることもあり積極的に飲んでいきたい飲み物なのです。