年齢を経て出産を考えている今の時代の夫婦の増加に伴いダウン症の症状を持った胎児の数が増加しています。ダウン症と高齢出産は密接な関係があり、そのため、増加しているのです。今回はそんなダウン症と高齢出産の関係に関して解りやすく解説します。

高齢出産とは?

最初に、高齢出産の定義を見直します。高齢出産とは35歳以上の女性の初産を指します。つまり、35歳以上の出産では無くて、初めて出産するケースを指すのです。高齢出産で、初産のみを限定しているのは、経産婦と異なり、出産に関わる時間が長くなるため胎児に障害が残りやすいリスク等があるので、分けているのです。

高齢出産の場合は、二分脊椎症といった重大な死産につながる障害も発生しやすい傾向にもあります。また、難産にもなりやすいという傾向もあります。

高齢出産は母体にも、胎児にもリスクがある出産という風に知っておくべきなのです。

ダウン症とは?

ダウン症とは、人間の染色体の数が本来の本数よりも、増えてしまうことで発生する病気です。現在のところ、この病気の発生のメカニズム・原因は解明はされておらず、この病気の防止の手立てはありません。

人間は46本の染色体がありますが、21番目の染色体の箇所が一本増えることで発生します。ダウン症の場合は、染色体の本数が増えても、胎児の生死に関わるような病気が生まれないために、胎児として生きることができます。

ですが、ダウン症の胎児の場合は、発育の障害が出ることが知られており、筋力の発達が遅い、言語障害が発生しやすい、他人とのコミュニケーションを取るのが困難と言った症状を持ちます。

ダウン症はこうした障害が残りますが、男性・女性のそれぞれの遺伝子によって必ず出る病気では無いのです。遺伝による保因者がいる、遺伝するというのは大きな間違いです。受精卵の細胞分裂のエラーによって発生するので、片方の親による原因ではありません。

ダウン症の子供が生まれたのは、片方のせいというような偏見を持たないようにしてください。

ダウン症と高齢出産の関係

最期ほどダウン症には原因やメカニズムを発生することが不明と言いましたが、実は発生の相関関係があることは知られています。

ダウン症の発生要因で一番の相関関係があることは、高齢出産です。実はダウン症は20代の場合は1000人に一人の割合です。しかし、高齢出産の年齡である40代の場合は100人に一人になります。

1000人に10人は出産で生まれるのはかなりの高い確率になります。原因として最有力なのは、卵子の老化です。卵子も老化すると、細胞分裂時の染色体の分裂のエラーが発生しやすくなります。その受精卵が受精して細胞分裂をすることで、ダウン症の発生が高くなる事が考えられているのです。明確な原因とは現在の医学では言い切れませんが、若い年齢の方が発生率が低いのは確実なのです。

ダウン症の症状の発生した場合は、治す手立てが無いのです。つまり、胎児がダウン症の場合は、出産か中絶かを選択することになります。その為、精神的な負担がかかるのは目に見えているのが現状なのです。

幸いにも現在はダウン症の検査をすることが可能で、21週までには中絶をする選択もあります。その為、生まれた子供の人生を考えて中絶をする選択を考える夫婦も実際にはいますし、検査を避けてどんな子供でも受け入れるという夫婦もいます。

高齢出産はそれだけリスクと選択をする必要があるということも知っておくのが大切です。

ダウン症発生を減らす可能性

ダウン症の発生を減らすにはどのような手段があるのでしょうか?最初に、勧めたいのは高齢出産を避けることです。

もし、若いうちに結婚して子供が欲しいと考えているなら、20代の時に出産するのがベストです。出産後の子育ての体力含めて考えても若いほうが非常に有利だからです。ダウン症の発生の一番の相関が取れている因子を減らすことが最初の選択です。

次に、他に発生の可能性が上がる因子として、タバコがあります。タバコの有毒物質は多量の活性酸素を増やしたり必要な栄養分を消費してしまうので、ダウン症の発生の確率があがります。その為、配偶者が吸っている場合も高齢の場合はなおさら避けるようにしてください。また、妊婦本人が吸うのは当然、ダウン症の発症率が上がります。

葉酸を摂取をすることです。最近は人間の細胞の分裂には葉酸が必要とされており、葉酸が二分脊椎症といった遺伝子の病気の抑制効果があることから、ダウン症への研究が進められています。大きな細胞分裂のエラーを無くす効果がある葉酸は、ダウン症を減らす可能性が示唆されています。

その為、相関はまだ発見はされていませんが、貧血や妊娠高血圧症候群、二分脊椎症といった妊婦や胎児の病気を防ぐ効果があるので、摂取をすることをおすすめします。

高齢出産でも元気な赤ちゃんを産んでいる方もいます。発生の要因を減らす習慣もあるので、実践することが大切なのです。