女性の妊娠にはアルコールの影響があるケースがあります。アルコールも摂取をしすぎることで妊娠がしにくくなったり、胎児に実際に影響もあります。しかし、アルコールは適量付き合うことで妊婦の健康へのメリットも同時にあるものです。今回は、知って賢く付き合いたい、妊娠とアルコールの関係を紹介します。

妊娠にアルコールは悪なのは間違い

妊娠にアルコールは敵だと思っていませんか?実は妊娠にするのに多量のアルコールは悪であるものの、少量の場合はとてもいい結果を出すものなのです。つまり、物質自体が悪者ではなく、適量を知っておけば、母体にとっては大きなメリットになります。

どんな栄養素でも摂取をしすぎると健康効果に問題があるのと同じでアルコール自体は悪では無いのです。つまり、アルコールを飲んでいるから不妊症だ、胎児に悪影響を与えるというのは大きな間違いです。飲んでいても、代謝がしっかりして体に悪影響を及ぼさないように付き合っていく知恵を持つことが何よりも大切です。

今回はそんなアルコールへの偏見を解消して賢く知ることが大切なのです。

アルコールで不妊症は間違い

アルコールで不妊症になる事は相当量のアルコールを摂取しない限りは大丈夫です。アルコールで不妊症になる場合は、毎日ワイン一本分の量を摂取しているケースで、いわばアルコール中毒並みの摂取をしているケースです。

体の代謝によって、人間本来の血流と女性ホルモンの分泌のバランスが崩れることによって、起こります。

ですが、このアルコール中毒並に普段から飲んでいる方はそうそういないのでは無いのでしょうか?むしろ、アルコール中毒並にアルコールを摂取しなければ解消できない程のストレス要因によって不妊症になっている事が原因です。

発散しなければいけないストレスを消すことが大切で、場合によっては妊娠中の精神ケアに通うことも大切になります。
通常、一週間にビール3本ぐらい飲むよとか、たしなむ程度では、不妊症になることは無いのです。

ただし、冷え性の人になってくると話が違います。アルコールは適量を飲むと血管の拡張作用がありますが、飲みすぎると人間の血管の径が逆に細くなります。いわば、飲みすぎて眠れないと言った状態は交感神経が興奮して血管の径が細くなっている状態です。

そうなると冷え性が悪化してしまうので、妊娠がしにくくなってしまいます。ですから、グラス一杯程度体がリラックス出来る適量を守ることが大切です。

飲んでいる一概に駄目は偏見ですので、注意が必要になります。

アルコールと胎児の影響

妊娠をすることによって、妊娠中もアルコールと賢く付き合うにはどうしたら良いのでしょうか?胎児に対してアルコールが危険なのは事実です。実は、人間の胎盤は母体からの有害物質を遮断する効果を持っています。

母体の毒素をシャットアウトして胎児に必要な栄養分が供給されるようになっているので、赤ちゃんは元気に成長することができます。ですが、アルコールが危険と言われるのは、この遮断の機能の胎盤を通過してしまうからです。

ここで知っておきたいのは、血流のアルコール自体が直接赤ちゃんに行くまで飲むにはどれくらいの量なのか?を考えてみます。人間の母体から摂取したアルコールは血流に乗りますが100%胎児に行くわけでは無いのです。胎児に行くより先に、肝臓によって代謝が始まって無害な物質になります。

その為、アルコールを摂取しても母体でほとんど分解されれば、何ら問題は無いのです。アルコールが直接赤ちゃんに行って、赤ちゃんの臓器に影響を及ぼすレベルになると危険と言うわけなのです。アルコールに胎児がさらされると胎児性アルコール症候群という症状に繋がります。

成長が遅い、脳の機能の低下、特異的な容姿になってしまうのです。一日、60gのアルコールはビール1.5L分です。習慣になっている方はグラス一杯程度に留めることが大切になります。

アルコールを避けたい場合の工夫

アルコールを飲んで胎児に影響が出るなら、一切避けたいという方もいます。おすすめしたい方法はアルコールなしでも美味しく飲めるメニューを知っておくことです。

お酒を飲む人は基本的に、バーとかの雰囲気が好きな方がほとんどです。その中で、美味しいノンアルコールカクテルといったメニューを知るだけでも良い方法になります。

また、料理の味付け程度では健康のへの被害は出ませんが、ウイスキーボンボンと言った露骨に入っているお菓子には注意が必要です。アルコールは多くのお菓子にも入っていることが多いので食べる時には気をつけることが大切です。

賢く付き合えば妊娠中のストレスを減らすとても有効的な物がアルコールです。ビタミンと同様適量を守り付き合っていくことが大切になります。

アルコールに対する偏見を無くし、快適に付き合っていく参考になれば幸いです。