赤ちゃんを産んだ後に発生する悩みで多いのが抜け毛です。この抜け毛の発生には多くの原因が重なることで症状の悪化や発生がしないで済むケースもあります。今回はそんな産後の抜け毛の原因に関して紹介します。

産後の抜け毛が出来る理由

産後の抜け毛の原因はそもそも何なのでしょうか?産後の抜け毛の原因は実はホルモンバランスが大きな関係を持っています。

人間の女性の場合はプロゲステロンとエストロゲンの2つのホルモンによって体のバランスが整えられています。この2つのホルモンのバランスが妊娠中は乱れます。つまり、本来の女性の体とは違うホルモンバランスになるのです。

出産後、人間の女性の体は元の女性のバランス戻ろうとします。その時に、妊娠中にたまった体の変化に対して、出産後の体が対応ができないが為に、産後の抜け毛は発生するようになるのです。

個人差があるのは体質も関係していますが、産後の女性の体を左右する生活習慣も大きな関係を持っているのです。

妊娠後の女性の体のホルモンバランス

妊娠中は女性の体は、プロゲステロン、エストロゲンが周期的に分泌されておりません。その為、毛髪を生やすエストロゲンとプロゲステロンの分泌が変わることによって、大きな体質の変化が出ます。

妊娠中は頭皮が脂ぎりますが、これは妊娠を維持するためのホルモンが影響しています。その間、頭皮が脂ぎっているのに抜けにくいのもホルモンが関わっているのです。

ですが、出産後は本来のホルモンバランスである状態に戻ります。プロゲステロンは女性の頭皮から髪の毛の抜け毛の原因になるホルモンとして知られていますが、妊娠中はエストロゲンとプロゲステロン両方が大量に分泌されています。

抜け毛の原因は正常の生理周期になるとプロゲステロンがエストロゲンの数倍多い時期になります。このプロゲステロンが多く分泌された時に妊娠中抜け毛が無かった状態から、一気に抜けるのです。

周期的にプロゲステロンが分泌されていれば、少しずつ抜ける抜け毛が、一気に抜けるため、髪の毛が薄くなったという事になります。

エストロゲンが髪の毛を抜けないようにする効果よりも、溜まりに溜まった髪の毛が一気に抜け落ちるためこのような髪の毛が薄くなったという事が起こるようになります。

これは、一般的な女性なら誰しも経験することなので、気にしなくても大丈夫です。しかし、個人差によっては目立つ人と目立たない人がいますが、これは生活習慣が関係しています。生活習慣を改善することで抜け毛を減らすことが出来るのです。

抜け毛の対策―イソフラボンを摂取―

出産後の抜け毛の原因は先程紹介したとおりプロゲステロンが大きな原因と言いました。しかし、エストロゲンが多ければ、髪の毛を増やす速度を早めることができます。

ではエストロゲンを多く分泌させれば良いのですが、そんな事はできません。人間の女性のホルモン量は決まっており、都合良くは増やすことができないのです。その場合、一番の救世主はイソフラボンを摂取することです。

イソフラボンはフラボノイドと呼ばれており、女性ホルモンのエストロゲンにそっくりな構造を持っています。その為、体内に入るとエストロゲンが分泌されたと勘違いした体は、エストロゲンが分泌されたのと同じように体内環境を整えるようになります。

この原理を利用すると、人間の体の頭皮の毛母細胞が反応して、抜け毛を防ぐこと、頭皮の血流を早くすることが出来るのです。また血管の径も拡がるので頭皮に栄養が届きやすくなるので、抜け毛の本数が実際に減ります。

妊娠中はエストロゲンは、流産の危険性になると避けられていましたが、今度は血流を良くしたりカルシウム不足を予防する効果がありますので、積極的な摂取が推奨されます。イソフラボンは、数少ない貴重な栄養分ですので摂取すべき、抜け毛対策栄養分なのです。

イソフラボンだけじゃない抜け毛対策法

イソフラボンも摂取のポイントですが、抜け毛対策には、他の対策とうまく併用していくことがポイントです。

どんなにイソフラボンを摂取したとしても髪の毛を創る栄養分が無かったり、チャラにする悪いダメージがあれば打ち消されてしまいます。一番方法は髪の毛の発毛に必要な栄養分を取りつつ、悪い習慣を改善・緩和させることに尽きます。

まずは、睡眠を規則正しく取ることです。出産後は赤ちゃんの夜泣きで寝ることができないと悩んでいると思います。ですが、十分な睡眠を取ることが何よりも大切です。人間の髪の毛の発毛は交感神経と副交感神経のバランスによって成り立っています。

その為、十分な睡眠が無いと髪の毛の発育にはよくありません。また、緊張している時間が長いと、髪の毛の毛母細胞に十分な栄養分が行き渡らなくなってしまうので、髪の毛がより抜けやすくなります。

次に、髪の毛を生やすミネラルの亜鉛の摂取を推奨します。これは、髪の毛を抜けさせる酵素の働きを阻害する効果を持っています。女性も男性ホルモンが分泌されており、加えてそのホルモンから出来る抜け毛酵素の働きを抑制することが出来るので抜け毛ができにくくなります。