葉酸は妊娠前から摂取すると母体の健康維持などに良いとされています。特に妊娠を望んでいる方は早めに葉酸を摂取することにより、胎児にも良い影響を与えると言われています。

そこで、葉酸が不足すると胎児にどのような影響を与えるのかをご説明していきます。

葉酸が大切な理由

妊娠したい方に、なぜ、葉酸の摂取をオススメしているかというと、現在厚生労働省においても1日摂取量0.4㎎の葉酸摂取を推奨されていますが、葉酸が不足することで起こる胎児の先天性神経管閉鎖障害の発症するリスクが低くなることが第一に挙げられます。

妊娠すると、妊娠初期の約12週までの期間は盛んに細胞分裂を繰り返し、神経や脊椎などの形成がされる時期です。この時に葉酸が不足していると形成がうまく行われずに神経管閉鎖に障害が起こりやすくなります。日本においては1万人の出産に対して、約6人に障害があると報告されていました(1998年の調査)。

しかし、葉酸を摂取していたからといって必ずしも予防できるというわけではなく、リスクが低くなるということです。また、免疫機能の低下や消化管機能に異常をきたす場合があります。

授乳期の葉酸不足は、赤ちゃんの成長を妨げるとも言われています。そこで、アメリカでは、シリアルやパンなどに葉酸を入れることを義務付けています。その結果神経管欠損症の発症率は低下したということです。

神経管閉鎖障害

脊髄の神経は背骨により覆われていますが、その過程で脊髄は身体の中心に当たる部分から上下に骨が閉じていくようになっています。しかし、きちんと骨が神経を覆わない場合、神経組織に支障をきたします。下肢の部分が阻害された場合には、下肢の運動障害、膀胱や直腸の機能障害が起こる場合があります。

一方、頭部向かって脊椎が神経を覆いますが、神経をうまく覆うことができない場合、脳が形成不全となり、「無脳症」と呼ばれる障害が起こります。この双方をさして、「二分脊椎」といいます。

葉酸はいつから飲めば良いのか?

妊娠を望んでいる人は、1ヶ月以上前から葉酸を摂取すると良いとされています。なぜならば、葉酸は女性に多い冷え性を改善し、造血作用があることから貧血などの予防、赤ちゃんがお腹に宿っても健康な身体でいることは大切なことなので、妊娠前の母体づくりと言っても過言ではありません。

また、早い段階から葉酸を摂取することにより、先天性の神経管閉鎖障害のリスクも低くなるということです。先天異常は妊娠初期から約妊娠10週以内に発症すると言われていおり、妊娠がわかってから葉酸を摂取し始めても遅い場合があります。

葉酸は妊娠以外の時でも、貧血予防や造血サポートなどの働きがあることから、普段から飲んでおくと良いかもしれません。

葉酸の摂取方法

葉酸は水溶性のビタミン群で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれていますが、調理している段階で水と熱に弱いため栄養素の半分が流されてしまいます。そこで、食事と併用して葉酸サプリを飲むことで、1日に必要な量がきちんと摂取することができます。葉酸は単体ではなく、ビタミンCやビタミンB12と一緒に取ることで、より効果的に摂取することができます。

妊婦の不調

妊婦さんで、朝起きるのがつらい、立ちくらみがする、気持ちが塞ぎがちなるなどの不調がある方は、その原因の一つとして葉酸が不足していることが考えられます。妊娠中は普段よりも葉酸を必要とします。

その量は通常の2倍が必要とされています。葉酸は体内に蓄積されるビタミンでないことから、毎日、決まった量を摂ることが必要です。

妊婦じに葉酸を通常より多く取る理由は、胎児の 成長に葉酸が消費され、胎児の細胞分裂、脳や脊椎、臓器などの成長に深く関わりを持っており、血液をつくるために葉酸が必要となります。葉酸は造血作用があり、母体から胎児に送られる血液を作り出さなければなりません。

葉酸がきちんと足りているかどうか不安な方は、病院に受診して調べてもらったり、「葉酸代謝遺伝子分析キット(口腔粘膜)」というのが販売されているので、自分で調べることもできます。

まとめ

以上のように、葉酸不足は胎児に関わらず、母体にも影響を与えます。したがって、できることなら、オーガニックの天然の葉酸サプリを飲むことで安心感がありますし、体調不良を回避、改善できるかと思われます。

ぜひ、普段の生活習慣に葉酸を取り入れて、積極的に摂取するように心がけましょう。