葉酸サプリを飲むことにより、赤ちゃんの先天性神経管閉鎖障害を予防し、母体への良い影響として造血を促進し、貧血予防などに良いとされています。妊娠を望む方は、妊娠しやすい体質にするためにも葉酸で改善するために、どのように葉酸を摂取すればよいのかをご説明してきます。

葉酸の摂取は何のため?

葉酸は妊娠を望んでいる人ならば、必要な栄養素ということは既に知っている方も多いかと思います。葉酸は妊娠が判明してから飲むのではなく、妊娠を意識した時から飲むことが必要とされています。

葉酸は妊娠しやすい体質改善にも、有効な働きがあると言われています。葉酸は造血の促進する働きがあり、血液と血流は深い関係があり、赤血球を作るサポートをし、貧血予防や血液をサラサラして全身の血流を良くします。

血流が良くなると子宮内の血液の量も増えて子宮内膜を強化して、受精いらんの着床を助けると言われています。したがって、常に血流の良い状態を保つためには、葉酸で体質改善を行うことが重要となってきます。

しかし、葉酸は水溶性の緑黄色野菜に含まれており、水に溶けやすく、熱にも弱いため、調理をしている間に栄養素が半分ほどに減少してしまいます。また、単体では吸収されにくく、ビタミンB12、ビタミンCなどと一緒に摂取すると、効率よく摂取できると言われています。

葉酸で美容効果も

葉酸は細胞分裂に深く関わり、肌の新陳代謝を活発してターンオーバーを促進する働きをします。 体質を改善するとともに、肌質を改善するとも言われており美肌効果もあります。

葉酸が含まれる食品はほうれん草や納豆などを積極的に食べることと、葉酸サプリを一緒に併せて飲むことにより、必要な量の葉酸を効率的に摂取できるということです。

葉酸サプリの成分

葉酸サプリは合成と天然の2種類がありますが、合成のものは石油などを使用しているために、成分では添加物が入っていることも多く、身体のためには天然素材で作られたオーガニックの葉酸サプリを飲む方が良いと思います。

葉酸には、シンプルなものからビタミンやミネラル、その他の美容成分が含まれているものまで、さまざまな商品が販売されています。したがって、できるだけ天然素材で身体に良いものを選ぶようにしましょう。

葉酸の摂取に関しては、厚生労働省からも推奨されていて、妊娠前の女性は1日に400μgを食事以外から摂取するように指導されています。赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防と妊娠しやすい体質改善と美肌を手にれるために、積極的に葉酸を摂取するようにしましょう。

まとめ

葉酸は血流を促進し、体質改善を行うには葉酸は必要不可欠です。また、妊娠前から妊娠中、授乳期まで葉酸は大事な働きをしてくれます。

胎児の細胞分裂の生成から中枢神経の形成、先天性の神経管閉鎖障害の予防、貧血予防、心疾患予防など、さまざまな効果が得られます。是非とも妊娠しやすい体質にするために、葉酸を摂取することが重要なのが理解していただけたでしょうか。