葉酸が妊娠目前から必要不可欠ということは、最近では当たり前のことになっていて、厚生労働省からも積極的に摂取するように推奨されていますし、母子手帳にもその旨が記載されています。妊娠中に葉酸を摂ると良いとする理由と効果についてご説明していきましょう。

葉酸による胎児への影響

妊娠中に限らず、妊娠前から葉酸は必要とされています。その理由として葉酸は水溶性のビタミン群の一種なのですが、胎児の細胞を生成や栄養を送る造血作用があり、発育のサポート促進などの働きをします。妊娠初期や妊娠中は、通常摂取する量の約2倍を摂取することが、理想とされています。もし、葉酸が不足してしまうと、どのような影響が出るのでしょうか。

妊娠初期の3ヶ月間は、特に胎児の細胞分裂が盛んに行われる時期であり、葉酸が不足すると赤ちゃんに先天性の神経管閉鎖障害になる可能性が高くなります。これらの障害を引き起こすリスクを低くするには葉酸が必要不可欠と言われています。

また、身体を形成していく上で、背骨を中心として、頭部側と足側の両方同時に中枢神経が閉じていくのですが、うまく閉じることが出来ない場合に神経管閉鎖障害や無脳症の障害を抱えて産まれてきたり、流産や死産につながると言われています。

葉酸が母体に作用する効果

妊娠中は貧血になりやすく、葉酸不足になると血液がつくられにくく、そのために心血管系疾患や貧血を起こしてしまいます。また、胎児に細胞の生成に必要な栄養素を送ることから、免疫機能低下や消化管機能の異常が起こることがあります。

更に授乳期になると赤ちゃんに母乳を与えますが、母乳は赤ちゃんの免疫力を高める役割があるので、乳の出が悪い人でも初乳はどうしても赤ちゃんに飲ませる必要があります。そのためにも、造血作用のある葉酸は欠かせない栄養素となるわけです。

効率的な葉酸の摂取方法

葉酸は水溶性のビタミンであることから、調理の段階で水や熱などを通すことにより栄養素が半分ほど失われてしまうので、食事で必要な量を摂取するのは難しいと言われています。そのために葉酸サプリが必要量を摂取できるということと、過剰摂取を抑制できることから、サプリで摂る方が凝縮されて便利だとされています。

サプリには天然のものと合成のものとがあり、胎児や母体を考えた場合、もちろん天然のものが好ましいのは当然のことです。合成より天然のものは若干価格が高いですが、安全性には変えられませんので、内容をよく把握して選ぶようにしましょう。

自然食品から抽出された天然の葉酸の場合には、緑黄色野菜や酵母などを使用していて、合成のものと異なり、石油や薬品を使用していないことから喘息のリスクを抑えることもできます。

葉酸サプリを摂取するには

天然葉酸サプリの場合は、単体で摂取するよりもビタミンB12とビタミンCと同時に摂取することで、吸収率があがります。葉酸やビタミンB12には、造血ビタミンと呼ばれるほど、妊娠時の貧血の予防や改善をできることができます。

まとめ

以上のように、葉酸は他のビタミンと同時に摂取することから吸収が良くなり、効率的に摂取することができます。また、葉酸は体内に蓄積されないために、毎日決められた量を摂取する必要性があります。

葉酸は妊娠前の1ヶ月以上前から摂取すると良いと言われています。妊娠に向けて母体を良い状態に整えておくことは、必要なことです。また、妊娠中から授乳期にかけて、葉酸は重要な働きをします。

胎児の先天的障害のリスクを低くするだけでなく、母体のさまざまな予防が出来ることから、必要不可欠ということは十分にご理解いただけたと思います。是非とも、積極的に葉酸を取り入れ、健康な妊娠期間を過ごし、元気な赤ちゃんを産んでください。