妊娠中にあまり晒されたくないのが食品添加物です。妊娠中に食品添加物はどのような影響を持つものなのでしょうか?食品添加物の種類や避けるポイントを中心にわかりやすく紹介いたします。

そもそも食品添加物って何?

食品添加物とは、販売している加工した食品が安全に食べられるように、より美しく、見栄えがいい状態で販売するために使用できる成分で、添加が許可されている成分です。

食品添加物の大きな目的は、販売する商品が安全で美味しく食べられると言った意味で使用されています。

また、人間は視覚や嗅覚でその食品が食べられるのかどうかを確認します。その視覚や嗅覚でより、販売している商品がよりほかの商品よりも魅力的にするメリットもあります。

ですが、これらの成分は本来の食材には入っていない成分のため、体に悪影響を及ぼす危険性があります。その為妊娠中はなるべく避ける注意した方がいいとされているのです。

妊娠中避けるべき成分―人工甘味料―

妊娠中特に避けて欲しいのが人工甘味料です。人工甘味料は妊娠中の妊婦に対して非常に厄介で大きな影響を持つ成分になります。

人工甘味料とはそもそも人間は、甘みを感じることで美味しいものかどうか区別しています。人間は甘い食べ物が好きですが、甘さは多くのエネルギーの材料になるグリコーゲンやアミノ酸から感じる味覚です。エネルギーを作ってくれる栄養分はとても、生命維持には大切な成分のため、美味しく感じるようになっています。

ところが飽食の時代になって、人間は糖尿病や多くの疾患の原因に糖分の摂取が問題だという時代になりました。その為開発されたのが人工甘味料で、急激に広まったのです。

人工甘味料のアスパルテームやステビアは、糖尿病になる事を防ぐために作られた甘味料ですが、現在は糖分を摂取するよりも危険性が高いことが論文でも判明されています。

例えば、アスパルテームは特に問題視されており、摂取してエネルギーを得ることもできないだけではなく、インスリンの分泌を本来の糖分よりも多くしてしまうと言った問題があります。

ただでさえ、妊娠中は血糖の調整が難しい時期なのに、インスリンが過剰分泌されることはあまりいいとしません。加えてインスリンはカルシウムを体の外に出してしまうといった問題点もあります。カルシウムも妊娠中は不足しがちな成分です。その為、妊娠をしている場合、摂取が推奨されない理由はここにあります。

ステビアも一時期避妊の効果があるとされていましが、実はつわりを悪化させると言った問題点が指摘されています。原材料自体が避妊薬を使用していた物なので、あまり摂取を推奨できる成分では無いのです。

基本甘味料ですので、多くの飲み物やカロリーオフと書かれている商品に豊富に含まれています。ソーセージといった加工食品にも入っているので注意が必要になります。

リン酸塩も避けるべき添加物・安息香酸ナトリウム

リン酸塩はあらゆるミネラルと結合してしまい、体内に吸収を阻害してしまう添加物です。人間の体には基本的に、ミネラルを吸収するときはイオンの形で吸収されます。

イオンの形で吸収されるのですが、リン酸塩が結合するとキレートという分子の形になります。リン酸塩とキレートになると、体内の胃壁から吸収されるミネラルの吸収を阻害してしまうのです。

妊娠中必要なミネラルは鉄分、マグネシウム、銅、亜鉛がとても必要になりますが、こうした有効成分がなくなってしまうので、リン酸塩は避けるべきなのです。

妊娠をしていない場合でも、リン酸塩を摂取し続けると肌荒れやイライラの原因になります。これは、ミネラルが不足することによって発生する症状です。

リン酸塩はインスタント商品や加工商品に多く含まれています。その為、リン酸塩を摂取を避けることが大切です。

安息香酸ナトリウムは、ビタミンCと結合するとベンゼンという物質になります。その為、喘息の原因になるとされている添加物です。その為、妊娠中の摂取を避けるべきと欧米で特に注意されています。

食品添加物と賢く付き合ってく方法

食品添加物は多くの食材に含まれていますが、着色料・香料含めて完全に避けるのは難しいとされています。

その為、摂取をすることによって食品添加物を追い出す効果が高い食材や飲み物を飲むのも大切な体を守るのに大切になります。

摂取すべきは食物繊維です。食物繊維が腸管を通過する際に、成分とともに体の外に排出する効果があるからです。特に玉ねぎがデトックス効果がある食材で有名で、水銀といった成分も追い出す効果があるため積極的に摂っていきたい野菜です。

次に、アブラナ科の野菜も、基本的に肝臓の機能を良くするため、デトックス効果があるとされています。

また、ルイボスティーといったデトックス効果がある飲み物も食品添加物を追い出す効果が高く、気軽に水分の摂取をすることができます。