不妊症の場合で、卵子の排卵が行われていない時に使用する服用薬にクロミッドがあります。クロミッドを使用する場合はその薬剤の特徴と医師、パートナーの協力が不可欠です。今回は排卵誘発剤のクロミッドとは、その使用による副作用等の注意点を中心に紹介します。

排卵誘発剤とは?

排卵誘発剤の中でも実は種類があります。排卵誘発剤は単なる一括りの名称であり、排卵を促すもの、排卵はしているものの妊娠しにくいケースで処方されるもの、妊娠がしにくいホルモンが多くて抑制する効果があるものがあります。

つまり、妊娠がし易い環境であるかどうかを、作る薬というイメージが排卵誘発剤です。
この中でクロミッドとは、人間の卵胞刺激ホルモン、黄体刺激ホルモンの2種類の分泌を促す効果がある薬剤です。

一概に、排卵誘発剤と言っても、種類が多いので必要な情報を調べる時は薬剤名を入れることが大切です。

クロミッドとは?

排卵誘発剤のクロミッドを服用する場合はどのような原理で、妊娠につなげるのでしょうか?
クロミッドが処方される場合は、妊娠したい女性の卵子と子宮内膜の成熟を促すホルモンが少ない場合に処方されます。つまり、クロミッドは、女性ホルモンバランスが乱れたり、本来のホルモン量が分泌されていない場合で、処方される薬剤なのです。

女性のホルモンで卵子が成熟が未熟、卵子が排卵されない原因は、卵胞ホルモンの不足が大きな関係を持っています。卵胞ホルモンの量だけを多くしても妊娠はしにくく、卵子が子宮内膜にくっつきやすい環境を作る必要があります。

これが、黄体刺激ホルモンであり、多く分泌されることで受精卵が着床しやすい環境を作ることが出来るのです。人間の本来のホルモン環境のバランスに戻すことで、着床自体がしやすい環境に戻すというのが役割なのです。

その為、クロミッドを服用するだけで、卵子の質を良くして、受精卵が着床しやすい環境を整えてくれるのでとても有効な薬剤なのです。

クロミッドの処方

クロミッドを処方してもらうためには、婦人科や不妊治療外来での血液検査と基礎体温等の変化が大きなポイントです。

原因となっているホルモンの数値の低下は、血液検査によって容易に調べることが可能なので、血液検査のあと問診で処方されることが主流なのです。ここで重要なのは、クロミッドを服用したとしても、すぐに排卵が起こるかどうかは不明であることです。

クロミッドの大きな特徴は、脳下垂体のホルモン分泌の量をコントロールするところに司令を出して、卵巣に卵胞ホルモンと黄体ホルモンをより多く出してねという司令を出すようにさせます。この司令がスムーズに行く場合と、安定するまで時間がかかる人それは個人差があります。

直接体内に不足分のホルモンを入れているわけでは無いので、効果は遅いこともあります。ですが、本来のホルモン分泌をさせる習慣を体に覚え込ませる形で、脳下垂体に作用しているので、クロミッド服用後両方のホルモンバランスの分泌が良くなったというケースもあります。

その為、クロミッドの場合は根気良く付き合うことが大切です。また服用して排卵日の予想が素人ではかなり難しいと言った欠点もあります。婦人科や不妊治療外来の場合の医師と相談することも大切なポイントになります。

排卵がゴールでなく妊娠、出産がゴールなので、信頼できる医師を見つけることが大きなポイントです。

クロミッドの副作用

クロミッドには服用したことによって副作用が出るケースがあります。これはどのような薬剤を飲んだ場合でも発生することがあるので、服用の前には知っておきたいポイントです。

クロミッドの副作用は、最初に急激にホルモンの分泌量が変化するために体の怠さや、不調をおぼえる人がいます。これは、人間の本来の分泌量を増やしたことで体が急激な変化に対応できないことで発生します。

ホルモンは微量であるものの体に重大な影響を及ぼします。その為、クロミッドの服用する場合は、ホルモンバランスのズレでちょっとした不快感が出るケースがあるということなのです。

次に多胎妊娠のリスクです。排卵誘発剤のクロミッドを使用して、ホルモンの分泌が良くなり、多くの卵子が一度に排卵されることがあります。排卵があった時に受精をして妊娠をした時に多くの卵子がある場合は多胎妊娠になります。

多胎妊娠のリスクは一人の胎児に十分な栄養分が与えられないことと、妊娠の継続や妊婦に大きなリスクが伴います。その為、クロミッドの排卵によって起こる危険性があることも知っておくべきなのです。

最後に、まれですが卵巣過剰刺激症候群という症状に悩むケースもあります。この病気は卵巣が過剰に反応して排卵痛が発生する病気です。卵巣が腫れている状態なので、この場合は一旦服用は禁止になります。

痛みや体調不調、多胎妊娠といったリスクもあるので賢く付き合うことが大切です。