妊娠をするにはビタミン不足によって胎児の生育が成長が遅れるケースがあります。ですが逆に、妊娠中に摂取をすると胎児の発育に大きなダメージや影響を与えるケースがあります。妊娠によって摂取するビタミンに気を配るには、非常に母体や胎児の発育にも大きな関係を持っています。今回は妊娠と摂取するビタミンの関係を紹介します。

妊娠によって必要なビタミン・摂取に注意すべきビタミンとは?

人間の女性が妊娠をすると大きな体の変化がでます。それに対して必要なビタミンが大きく変わってくるのです。

妊娠をすると女性の体ではまず、血液を創るようになります。それは妊娠した胎児を育てるためにも必要な事で、優先的に胎児の体の環境を整えるビタミン等が必要になってきます。

また胎児の奇形を引き起こす可能性のあるビタミンの摂取や、必要とされているビタミンでも過剰摂取をすると悪影響をおよぼすものもあります。その為摂取には注意が必要なのです。

妊娠中摂取をすると病気の予防になるビタミン

妊娠中摂取をすると妊娠中の健康のトラブルを解消することが知られているビタミンを紹介します。
[bullet_box]

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • 葉酸

[/bullet_box]

このビタミンは積極的に摂取すべきビタミンです。主に、体調を整えたり、免疫を活性化させたり、血液を増やすと言った効果があります。各ビタミンの大きな役割を解説していきます。

最初のビタミンCは人間の肌や組織を作るビタミンですがその中で、妊娠中に特質すべきは、妊娠中の免疫力をあげることです。特に妊娠初期は、女性の場合免疫が下がることが知られています。その為、ビタミンCがあることで免疫を活性化させて人間の体を護る効果があるのです。

ビタミンEは血管の過度な緊張を避ける効果があります。血流の悪化には、ビタミンEの摂取はとても重要な栄養分です。血管の径が狭くなりがちな状態を防ぎ冷え性を引き起こさないと言った効果があります。

ビタミンB群は、人間の体の代謝を助ける効果があります。胎児がいることによって胎児の分の老廃物の分解の必要もあります。その為、ビタミンB群は必要なビタミンなのです。

葉酸は血液を作るほか細胞分裂を助ける効果があります。また、二分脊椎症や高血圧と言った妊娠中の母体や胎児にとって有害な病気を防ぐ効果があります。

妊娠中摂取をすると病気の予防になるミネラル

妊娠中に特に摂取したいビタミンとともに知っておきたいのがミネラルです。特に摂取すべきミネラルが、以下の3つになります。[bullet_box]

  • マグネシウム

[/bullet_box]

血液を作るために必要なのは鉄分です。ヘモグロビンの材料になるので、是非このミネラルは摂取しておきたいビタミンです。鉄分は、胎児に行き渡る血液分が必要になるのと、貧血と高血圧の防止になるので毎日の適量摂取が推奨されているビタミンです。
マグネシウムは血管の緊張を避ける効果があります。その為、妊娠中の血圧の上昇は血管の過度の緊張が原因になります。その為、マグネシウムは摂取したいミネラルになります。

最後の銅は、これはあまり知られていませんが血液の合成に非常に拘っているビタミンになります。積極的に摂取していくこと、鉄分と同様血液を作る作用があります。

妊娠中摂取をしてはいけない・摂取に注意点があるビタミン

最初に妊娠中摂取をしてはいけないビタミンです。いけないビタミンとは
ビタミンA・ベータカロチンになります。ビタミンAとベータカロチンは同じもので、ベータカロチンはビタミンAの複合体です。

ビタミンAは妊娠初期に摂取をすると、胎児の催奇形を引き起こすビタミンとして知られているのです。頭の発育の阻害が発生する危険性が高く摂取は推奨できません。もし、妊娠と摂取するビタミンをしっかり考慮するなら、ビタミンAが入っているビタミン剤を飲むことは避けることが大切になります。

また摂取に注意すべきビタミンもあります。脂溶性ビタミンと呼ばれているビタミンです。脂溶性ビタミンは体内に蓄積がしやすく、摂取をしすぎると過剰摂取になります。過剰摂取になりやすいのは、ビタミンAはもちろん、ビタミンEです。

サプリで複数飲んでいる場合は、ビタミンEの過剰摂取は避ける必要があります。

また葉酸も摂取量を注意するビタミンです。葉酸は摂取をしすぎると、胎児の体質に大きな影響を与えます。具体的には胎児の体質で、アトピーや喘息の体質の原因になるケースがあります。また、正常な血球の発育にも大きな影響を与えるので注意が必要になります。葉酸はなさすぎても大きなダメージになるので、適量を守って摂取することが大切になります。

サプリを普段から複数飲んでいる場合は、それぞれの合算の量を守って一日の目安量を超えないようにすることが大切です。守らないと不健康の原因になり、妊娠中の健康や胎児にも大きなダメージになるのです。