葉酸にはうつ病にも効果があるということを知っている人が少ないようです。うつ病と言いますと多くの人が、薬に頼ることを考えがちですが、葉酸が不足していることによってその症状が発生しているケースがあり9ます。今回はそんな葉酸と鬱の関係を解説します。

葉酸とうつの関係

葉酸は一ビタミンですがうつに効果があるという事が最近の研究で判明しました。具体的には、多くのうつ病の患者さんの血液を分析した結果、普通の健常人よりも、葉酸の量が血液中で15~20%減少していることが判明したので、血液中に入っている葉酸の量が関係しているという事が示唆されました。

その調査の結果葉酸を摂取することでうつ病が改善したケースが実際に増えてきています。うつになりやすい生活習慣をしている場合も非常に予防として効果があり、病院に行かなくても特定の栄養分を摂取しておくだけで症状を改善することが出来るのです。

その為最近、うつ病改善の原理の研究とともに摂取が推奨されているのです。

葉酸不足が引き起こすうつ病の原因

うつ病は、葉酸が不足することによっても引き起こされます。具体的な脳内の作用は判明されていないのですが、脳内物質であるセロトニンの分泌等に葉酸が関係していると考えられています。

葉酸は、これまで胎児の健康や生殖器の改善効果を中心に色々指摘があり、若い人中心に摂取が推奨されてきましたが、自律神経の乱れが多い現代人が積極的に摂取すべき栄養分となっています。

うつ病になる原因は、睡眠不足、人間関係が中心と言われていますが、自律神経の乱れやホルモンバランスの急激な変化によっても発生します。

このような体のバランスが乱れてしまっても人間の体には恒常性と言ってバランスを保つ機能がありますが、この機能が正常に作用していない場合があります。恒常性が作用しないと、体の回復機能が遅れてしまうので、うつ病の症状が長期化、悪化してしまう要因になります。

葉酸は体の機能やバランスを整えて、うつ病の原因になっている脳内物質のバランスを整えることによって、うつの症状を改善するとされています。

特定の栄養分の摂取が少ないことによって発生するのがうつ病の原因になりうることも知って損はない事実なのです。

うつ病改善に葉酸は効果あるの?

葉酸不足によるうつ病はサプリ等を摂取することによって改善できるのか?葉酸不足によってどうしてうつ病が発生してしまうのか知っておいて損はないのです。実際にうつ病は、生活習慣によって葉酸が減少しやすい要因下にいる人の場合はサプリを飲むことでうつを改善することができます。

最初に、喫煙習慣や緑黄色野菜を食べることを避ける人は基本的に葉酸不足になりやすいため、葉酸不足によるうつ病になりやすいといえます。これは、体内に入っている葉酸をタバコの有害物質が壊してしまうため必然的に数が少なくなります。

次に、食習慣で摂取が少ない人も葉酸不足によるうつ病になりやすいと言える人です。

また、女性の場合は妊娠によってなるケースがあります。必要な栄養分が赤ちゃんの方に取られてしまうためです。赤ちゃんの体を作るためには細胞分裂が必要ですが、この時に大量の葉酸を使用します。

このため、葉酸不足になりやすいのです。胎児のためではなくて、母体のうつ病の症状も改善してくれるのが、葉酸摂取の効果なのです。

また、女性、男性の生殖機能が落ちたことによる更年期障害によるうつにも効果があるとされています。このように全年齢の人のうつ対策にも効果があり、加えて薬を飲む前に出来る手軽な改善が望めるのが葉酸の特徴であり魅力なのです。

うつ病予防のための葉酸摂取のポイント

うつ病の対策に必要な葉酸の量ですが、基本、必要な葉酸は一日の目安分を摂取することで十分うつ病の症状を予防することができます。

具体的には、一日400μg摂取できると十分予防が可能です。ですが、知っておきたいのはうつ病予防の為に飲む葉酸が良いと勘違いしてしまい必要量以上の葉酸を摂取してしまう人が多いという事実です。

過剰に摂取をすればうつが改善するわけではなくて、一日サボらないで毎日必要量の葉酸を摂取することが何よりも大切になります。

うつ病は少しずつ進行していく病気なので、少しずつ症状が悪化しているものを急激には治すことができないと踏まえて、ゆっくり付き合っていくことも大切です。また、葉酸さえ飲めば症状を改善できると言った事は確約できると勘違いしてしまう人もいます。

実際には漢方薬と同じように付き合って行くべきなのが葉酸サプリなのです。葉酸はうつ以外にも細胞分裂と言った部分にも使用されます。摂取した葉酸全てが症状の改善に繋がるといった先入観を持たずに付き合うことが大切です。

適切な量を飲み他の要因も改善する手助けとして、葉酸サプリを飲むのはうつ病改善につながるのです。