妊娠すると人間の女性に取って非常に危険で厄介なのが、冷えの関係です。冷えは女性の体の不調を引き起こしやすいだけではなくて、母体の女性に対しても大変危険で厄介な症状を引き起こします。今回はそんな冷え性の症状と妊娠の関係をわかりやすく解説していきます。

そもそも冷え性の症状って何?

冷え性とは人間の体の組織、末端に十分な血液が行っていないことが原因によって、体の体温が体の中心部に比べて極度に温度が下がってしまう症状を言います。つまり、冷え性の症状の厄介な部分は、人間の体の体温が末端から体の中心部とくらべて温度差が生じることによって体の不調をきたす症状になります。

特に女性に多く、その理由は男性よりも筋肉が少ないため、体の末端に押し上げる筋力がないという事、自律神経の乱れも発生しやすいのが大きな特徴です。

また、体が冷えやすい部分に、手先や足先から症状が現れやすいのも大きな特徴です。そして、この局部的な冷え性を悪化させることで起こるのが体全身の低体温となってしまいます。
低体温になることで、体の不調や免疫不全になりやすくなってしまうのです。

冷え性の妊娠前の問題点

冷え性の妊娠で厄介な部分を紹介します。最初に妊娠しにくい環境、体質にしてしまうと言った問題点があります。

つまり冷え性の最大の問題点は、妊娠をしたい女性に対して、妊娠をしにくくしてしまう体質にしてしまうことです。妊娠がしにくいと言うのは何が冷え性に関係しているのというと、妊娠をした着床卵の受精が大きな関係を持っています。女性の受精卵は子宮の壁にくっついて、はじめて着床の状態になります。

この着床できる女性の子宮内膜の血流が悪くなってしまうことで、受精卵の着床率が著しく低下してしまいます。その結果、妊娠の確率が減少してしまい、結果不妊の症状の原因になるのです。受精卵のサイドで見ると、血流がある子宮内膜は暖かいベッドですが、血流が悪い状態は、冷たい布団という風にイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。
その為、冷え性によって子宮内膜の血管の血流量が減少してしまうことで、妊娠がしにくい体質になってしまうのです。

妊娠すると冷え性になる??

実は女性は妊娠すると冷え性の症状に悩まされるようになります。これには大きな関係があります。

女性は妊娠をするとホルモンのバランスだけではなくて、多くのストレスが発生します。食べ過ぎたりすると気持ち悪くなったりと言った症状や人間の体の機能が著しく変わるのです。

その為生理的なストレスも加わるので、妊娠することによって冷え性の症状に悩まされるといったケースも多く見られます。

妊娠する前は冷え性じゃなかったという人でも、自分の体の恒常性が変わったことをしっかり認識してケアを行わないと、冷え性の症状に悩まされてしまうのです。

一番の天敵は、冷房や睡眠不足によって人間の体は冷えやすくなってしまいます。また程々水分を摂取することも大切なポイントなのです。食事の際にも冷たいものを食べる場合はお湯を飲んで体温を冷やさないようにすることも大切なケアになります。

妊婦の体は想像よりも冷えやすいので注意することが大切なことなのです。

妊婦が冷え性になると起こる危険性

妊婦が冷え性を引き起こすと何が問題なのでしょうか?それは、妊婦が冷え性になることで、免疫力と血流が低下することによる体の不調を引き起こしてしまうからです。

体の血流の悪さは基本的に、胎児の栄養分の不足と酸素不足を発生しやすくなります。母体の母親が十分取り入れた酸素をいち早く胎児に届けることも、老廃物の除去に関わる血流の悪化によって、十分な発育が望めない症状が発生します。

その為、普通の妊婦よりも低体重児や早産のリスクが高くなります。冷え性を改善することは血流が良くなること、そして栄養分や酸素の運搬に関わり、胎児の健やかな成長を望むことが出来るのです。
次に、冷え性になる症状が悪化すると低体温になります。低体温の場合のリスクは、免疫力の低下です。実は、人間の体の免疫細胞は基本的に、36~37℃が一番活発になります。体温が平熱であることで、人間の免疫が活性し、風邪等の菌が体内に侵入しても菌を除去する効果があるのです。

ですが低体温の場合は、通常に比べて免疫細胞が機能しないため、風邪をひきやすくなります。風邪をひくだけなら問題ないと思う人もいますが、妊娠をすると胎児の健康の為に飲めない薬も出てくるようになります。

妊娠以前と同じような治療が望めないので、風邪を引かないに越したことありません。ですので、知っておくべきポイントは病気になることによって母体を危険にさらすリスクを減らすことです。

冷え性を改善しただけで、妊娠中の危険を減らすことが出来き、加えて胎児の発育もよくすることが出来るのです。