そろそろ子どもが欲しいと思っている方、妊娠に葉酸が必要不可欠なのをご存知でしょうか?葉酸は胎児にとって重要な働きをしてくれます。そこで、葉酸はいつから飲めば飲めばいいの?どのくらい必要なの?と悩んでいる方に、なぜ葉酸が必要で、いつから1日どの程度摂れば良いのかをご説明していきましょう。

葉酸とは

葉酸は水溶性のビタミン群の一つで、ほうれん草から発見されたビタミンです。葉酸は代謝と深く関係しており、細胞の生成や再生に働き、身体の発育を促進させるといわれています。つまり、新しい細胞を作るときには葉酸が必要不可欠ということです。

また、葉酸は赤血球の生産を助ける働きを持っていて、葉酸が不足すると生活習慣病である心疾患、消化器官系の病気を引き起こしやすく、健康維持にも欠かせない栄養素とされています。

葉酸はいつごろから摂取すれば良い?

妊娠を希望しているベビ待ち女性は、妊娠1ヶ月以上前から葉酸が必要とされています。特に妊娠3ヶ月までは相当量の葉酸摂取が必要とされていて、つまり、妊活中からすでに葉酸は必要ということになります。

子どもが欲しいと思った時期から飲み始めると良いでしょう。子作りには母親になる女性の準備期間もあるので、思い立って直ぐに妊娠とはいきません。

元気な赤ちゃんを産むためには、妊娠中に精神的負担を軽減しておくとゆったりと過ごせるので、妊娠前に準備しておくことはたくさんあります。

例えば、風疹の予防接種や歯の治療、今後の生活設計やお金のこと、婦人科での健康診断など、準備万端で妊娠をする必要があります。その期間は数ヶ月に及ぶこともあるでしょう。その間に葉酸を飲み始めれば、子作りするときには必要な葉酸が摂取できていると思います。

合わせて読みたい

どのくらい摂取すれば良いの?

葉酸の摂取量に関しては、厚生労働省も推奨していますが、妊活中の女性は1日に400μg(0.4mg)、妊婦中は440μgと、通常の成人が摂取する2倍の量を必要とします。また、授乳期は280μgが必要だとされています。

ほうれん草でいうと約200g1把分相当にあたります。葉酸が多く含まれている食材は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やレバー、豆類などがあります。

葉酸は水溶性のビタミンであるために水や光、熱などに弱く、調理して大切な栄養素が失われてしまうこともあります。そのため、調理には工夫が必要となり、どうしても不足してしまうと思う方は葉酸サプリで補うことができます。

葉酸サプリは色んなメーカーで販売されていますが、必ず無添加で安心なものを選ぶようにしましょう。万が一、多く摂取してしまっても尿と一緒に排出されるので、過剰に摂取しなければ、多少の多さであれば問題ありません。

合わせて読みたい

葉酸の役割

葉酸はDNAなどの細胞の核の遺伝情報を保存する核酸に作用し、赤ちゃんが細胞分裂を繰り返し人としての形成や内臓器官の形成に大きく影響を与えます。その細胞分列が盛んなのが、妊娠初期の3ヶ月間です。妊活1ヶ月以上前から妊娠中はもちろんのこと、授乳期まで葉酸は必要不可欠となります。

葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害や神経管欠損症、無脳症、二分脊椎・髄膜瘤などの障害の発症リスクが高くなり、最悪の場合は流産や死産などの可能性もあります。そうならないためにも、積極的に葉酸を摂取することがとても重要になってきます。

また、葉酸はビタミンB12と深く関係していて、葉酸を単体で摂るより、ほかのビタミンと一緒に摂るほうが効果的ともいわれています。ビタミンB12は主に肝臓に蓄積され、不足していると貧血や胃腸障害、倦怠感などの症状が現れます。また神経にも関与しているので、中枢神経や末梢神経の障害になることもあります。

合わせて読みたい