葉酸は身近にあるビタミンですが摂取をすることによって重大な病気を防ぐ効果があります。そのためにも適切な量の葉酸の摂取は非常に健康に効果的です。今回は胎盤早期剥離という病気となってしまった場合の対策と葉酸を飲むメリットを中心に紹介します。

胎盤早期剥離とはどのような症状なのか?

胎盤早期剥離とは文字通り人間の母親の胎盤が体の中で剥がれてしまう症状を指します。胎盤は、母親の子宮の中で、胎児のへその緒とつながっており、大きな役割は栄養分の受け渡し、母親の体内の雑菌を守るフィルターのような働きを持っています。

この子宮がくっついている胎盤が、子宮内で剥がれる症状を胎盤早期剥離と言います。
胎盤早期剥離になるのは、胎児の重さが重くなって、胎盤が赤ちゃんの体重を支えることができないため、発生しやすく、妊娠後期に多発する確率が高い症状です。

発生すると母子ともに大変危険な状態になります。

胎盤早期剥離の症状となりやすい時期

胎盤早期剥離の症状は赤ちゃんの体重やお腹に負荷がかかるようになる28週以降の発生の確率が非常に高くなる病気です。

この時に重要なのは、無理なストレスを与えないこと、物理的な強い力を与えないと行った事も大切な要素になります。

また胎盤早期剥離はなりやすい体質や病気の既往歴があります。妊娠中の高血圧、子宮筋腫の経験があること、タバコの喫煙率も発生の大きな原因になります。絨毛膜羊膜炎という病気の発症も胎盤早期剥離の大きな原因になるのです。

胎盤早期剥離の症状は、妊娠する前の持っている症状や持病によって発生率が大きく変わります。ですが、きちんとケアをすることで、発生を抑えることが可能です。

自分が発生しやすい体質であることを意識しつつ、定期検診等を受けることで、胎盤早期剥離の発症を抑えることが可能になります。

胎盤早期剥離の自覚症状

胎盤早期剥離は母子の健康に大きな問題を引き起こします。胎盤早期剥離の症状とはどのような症状が起こるのでしょうか?

自覚症状として多いのが、貧血、チアノーゼ、発汗といった症状が発生します。また、胎盤が剥がれてしまったことによる激痛や、呼吸困難、脈が弱くなるといった症状が発生し、意識がなくなるといった大事になります。

先程紹介した、上記の貧血・チアノーゼの場合、軽度の症状の場合は症状が軽いケースもあり、発見が遅れるケースになります。

胎盤が子宮から剥がれることで、激痛と大量の出血が発生するため、母体の生存率も10%と高く、胎児の場合は50%に及びます。赤ちゃんへのダメージは大変大きく、必要な栄養分と酸素がいかなくなるため、低酸素による障害の発生が高くなります。

現在の医療技術では、母体の剥がれてしまった胎盤をもとに戻す技術はありません。剥がれてしまったら、そのままにはせず、手術によって胎児を取り出す選択が第一優先になります。

胎児が大きい場合は早期出産の帝王切開手術になりますが、胎児が未熟児の場合はそのまま死産扱いになります。子宮に出てしまう大量の血液によって、母子ともに大変危険な事態を引き起こすのが胎盤早期剥離の症状なのです。

胎盤早期剥離の発生を葉酸が減らす

そんな危険な病気の一つである胎盤早期剥離ですが、実は葉酸の摂取によって、その症状を改善する効果があることが知られてきました。

アメリカ、日本の学会でも、胎盤早期剥離の患者は葉酸が不足していることが示唆され、現在でも研究が進んでいます。詳しいメカニズムは解明されていないものの、胎盤早期剥離の発生の因子である高血圧に葉酸が大きな効果を発揮することが知られています。

高血圧は体内の血球の分量が少ないがために、心臓に負荷がかかって血液を起こっている事によって悪化することが知られています。葉酸は体内の血球の量を増やす効果があり、特に摂家急含む造血細胞の量を増やすという大きな役割があります。その為、体の母体の血液量を増やすことが出来るため、心臓の負荷が減少します。

このため、体のポンプ機能に負担がかからないようになるため必然的に血圧を下げる効果があるのです。葉酸というと皆さんのイメージは、胎児の健康というイメージが定着していますが、胎児を育てるための母体の健康の維持にも大きな関係を持っています。

妊娠高血圧の症状は基本的に、胎児が大きくなるスピードと母体が作る血液のスピードのバランスが崩れることによって発生します。つまり、母体が血液を作る速度が遅いと、血液が不足している症状と同じになってしまうので高血圧の発症が高くなります。

葉酸を早い段階から飲んでおくことで、血球の量を増やすだけでも高血圧の症状を改善させ、加えて、胎盤早期剥離といった危険性の高い病気の発症を抑えることができます。

一日の目安量で良いので、サプリを使用し、早い段階から常に飲んでおくことを推奨します。