葉酸が一番重要とされる時期は、着床の段階~妊娠3カ月頃です。

妊娠が判明した時点で、すでに3カ月が経過してる場合が多く、脳や脊髄の成長が終わってる場合があります。赤ちゃんが良い環境で健康に成長するには育ちやすい環境にする必要があるので、妊娠前から葉酸を摂取して充足させておくことが良いと言われています。

「子供が欲しい!」「妊活しよう」と決めた日から

定期的に摂取することをおすすめします!

葉酸は、ホウレン草やブロッコリーなどの野菜や、レバーなどに多く含まれています。そういった食品を積極的に食べることは体にもとってもいいのですが、実は吸収率が良くなく、効率があまりよくありません。

今は、気軽に摂れるサプリメントが多く発売されていますので、それを利用することによって野菜などで不足しがちになっても、いつでも体に葉酸を取り入れることが出来ます。

葉酸の働きによって、細胞分裂による成長のサポートや、脳や脊髄の成長を助け奇形のリスクを減らすことが出来るので、妊娠前から葉酸サプリを飲むと赤ちゃんが健康に育つことが出来るのです。

不妊治療への効果

葉酸サプリを飲むことで、不妊治療への効果も期待できます。葉酸が不足していることだけが不妊の原因とは言い切れませんが、葉酸は女性の体に不足しがちな栄養素。定期的にサプリメントを飲むことで、赤ちゃんを授かりやすい体にすることが可能なのです!

葉酸は細胞分裂による成長をサポートしてくれます。卵子同様に精子の分裂にも関係していますので、男性も積極的に葉酸サプリを飲むことで、不妊治療の効果も高まります。

不妊夫婦の約3割が男性不妊の原因によるものです。

女性だけでなく、男性も葉酸サプリを飲むことで、健康な赤ちゃんを授かりやすくなります。精子の分裂にも必要な葉酸は、男性も積極的に取り入れることで、染色体異常のリスクが低くなるのです。

精子が葉酸不足だと起こりやすいリスク
  • 分裂がしっかりできず染色体に異常がみられる
  • 奇形の一種神経管閉鎖障害の原因

男性が少し葉酸を意識して取り入れるだけで、より健康な赤ちゃんが授かりやすくなるなら、是非続けてもらいたいですね!男性が積極的に葉酸サプリを飲むことで、妊娠できなくて悩んでいる女性パートナーのストレスも軽くすることができます。

それによって、心が穏やかになり、体温の安定、排卵周期の安定に繋がって、より赤ちゃんが授かりやすい体になります。

実際に、二人そろって葉酸サプリを飲んでいる夫婦と、女性だけが葉酸サプリを飲んでいる夫婦を比べると、二人そろって葉酸サプリを飲んでいる夫婦の方が妊娠しやすい体になっていることも実証されています!

このことから、不妊治療には夫婦そろって葉酸サプリを飲むことをおすすめします!

合わせて読みたい

流産への効果

葉酸は、【先天性奇形による流産】【化学流産】【稽留(けいりゅう)流産】を予防することが出来るのです!妊娠したからといって、葉酸サプリを飲むことをやめるのはおすすめしません。お腹に宿った大切な赤ちゃんを守るには継続して飲むことがおすすめです!

先天性奇形による流産

妊娠1カ月~3カ月に胎児の成長がうまくいかず、障害が生じて流産になってしまうことです。葉酸は脳や脊髄の成長を助けてくれるので、こういった奇形を防ぐことができて、流産を予防することが出来ます!

合わせて読みたい

化学流産

着床しても上手く定着せず、微量の出血と共に排出されてしまうことです。自覚症状がない場合もあります。この流産も、葉酸が子宮内膜を強くしてくれるので、しっかり受精卵をガードしてくれ、流産を防ぎます。

稽留(けいりゅう)流産

未発達などで胎児が子宮内で亡くなってしまうことです。この流産に関しても、葉酸が子宮内の血流をアップしてくれる働きがあるので、胎児の成長を助け、流産を防ぐことが出来ます。

実際に、妊娠1カ月~3カ月の間にしっかりと葉酸サプリを飲んで、体内に充足させている方は、奇形と流産のリスクが低いと多数報告されています!なので、妊娠したからと葉酸サプリを飲むのをやめるのではなく、赤ちゃんが健康に成長できるよう、続けて飲んでほしいのです。

つまり葉酸の効果をまとめると・・・

  • 脳や脊髄の成長をサポート
  • 男性も摂取することで染色体異常のリスク軽減
  • 体の血流をアップさせ不妊から妊娠しやすい体に!
  • 神経管閉鎖障害を防ぐ
  • 流産のリスクを軽減

このような効果以外にも、多数の効果があることが発表されています。葉酸は赤ちゃんに必要なものとされていますが、あまり神経質にならず気軽に始めてみてください。不妊にも流産にも効果的な優秀な葉酸サプリ、赤ちゃんを迎える準備を始めるご夫婦に是非お勧めします!